温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年06月07日

ディレクター魂


 「小暮さん、たびたびすみません。また会ってください。聞きたいことが、たくさんあり過ぎて」

 またまた、熱い男がやって来ました。
 某テレビ局のディレクターであります。
 ※(当ブログの2018年6月1日「熱き心に湯の花が咲く」参照)

 僕も 「全面協力します」 と言った手前、後に引くわけにはいきません。
 とことん彼に、付き合うことにしました。


 いつもの喫茶店に行くと、彼の足元には大きなキャリーバッグが置かれていました。
 「昨日から前橋のホテルに泊まっています」
 そう言いながら、バッグを開けて、本を取り出しました。
 それも、全部で8冊!

 「も、も、もしかして、それ!」
 「ええ、小暮さんの本を、すべて買いました」

 驚き、桃の木、山椒の木であります。
 絶版になった旧 『ぐんまの源泉一軒宿』 を除く、『群馬の小さな温泉』 から昨年出版した 『金銀名湯 伊香保温泉』 までが、コンプリートされているのです。

 最初に会ったときは1冊、2回目に会ったときは2冊に増えていて、ついに全巻を揃え、持ち歩いています。
 恐るべし、ディレクター魂!


 過去に僕は、さまざまなテレビ番組に出させていただきました。
 たいがい1度は、ディレクターが会いに来ますが、その後は、撮影当日に現地で会い、台本が渡され、撮影となります。
 中には事前打ち合わせもなく、当日、一発撮りの場合も珍しくありません。

 でも彼は、違います。
 なんだか仕事をしているというよりは、完全に温泉の魅力にハマっているのです。

 「あの後、O温泉とK温泉に、行ったんだよね。どうだった?」
 「ぬる湯の世界って、奥が深いですね。小暮さんが言ったとおり、本を読みながら1日に8時間以上温泉に入っている湯治客がいました。僕も真似して、湯の中で小暮さんの本を読んできましたよ」

 そこまで、ハマるか!?
 ロケハンの域を超えているぞ!

 「その後、小暮さんに言われたところは、みんな行ってきました。Y温泉でしょ、S温泉でしょ、H温泉でしょ、それとS温泉。そうそう、K温泉も行ってきました。あそこの湯、本当に全身が泡だらけになりますね。感激しました」


 お見それしました!
 スゴ過ぎます!
 だって、最初に彼に会ってから、まだ10日しか経っていないんですよ。
 なのに、この行動力はなんですか!?
 どう考えたって、全部の温泉を番組で紹介することはできませんって。
 それでも彼は、僕から聞いた話の真偽を、自分の目で見て、確かめないと気が済まないのですね。

 素晴らしき、ディレクター魂です。

 「ところで小暮さん、この際、テレビに出て、解説してもらえませんか?」
 「えっ、出るの!?」

 “全面協力” と言った言葉に、二言はありませんって。
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡れなかった婦人 (2018-09-27 14:35)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ディレクター魂
    コメント(0)