温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年07月08日

さすが天下のNHK


 「今!偶然見てます~」 
 「今、淳ちゃんを観てます。後で、またメールします」
 「今!喋ってます~、出てる~」
 オンエア中から、続々とメールが届きました。

 そして放送終了後には、
 「先生~~~、カッコよかったです~」
 とか、
 「小暮さんの表情が豊かでしたね」
 とか、
 「NHK観ました。相変わらずのいい笑顔をしていましたね」
 とか、
 「昨日のと今日の再放送、両方観たよ」
 などなど、友人・知人たちから “見たよメール” が、たくさん届いたのでした。


 いつからでしょうか?
 温泉本を2、3冊書いた頃からだと思います。
 最初は、地元のテレビ局やラジオ局から声がかかり、新刊が出版されるたびに出演依頼が来るようになりました。
 それが5、6冊になると、東京のテレビ局からも依頼が来るようになりました。
 最初は、民放某局の旅番組でした。
 やがて他局も、“群馬特集” が組まれると、お呼びがかかるようになりました。

 でも今回は、今までにない反響であります。
 昨年もNHKのBSに出させていただきましたが、やはり、まだまだ地上波のほうが視聴率が高いんですね。
 しかも放送されたのが、金曜日の夜7時半というゴールデンタイムでした。
 さらに、翌日の土曜日の午前中にも再放送が流れましたから、その視聴率の高さといったらありません。

 僕が住んでいる町は、前橋市内でも田舎ですからNHKの視聴率は、さらに高いのです。
 「おっ、昨日、出てたね!」
 「見たよ、色男に映ってたね」
 なんて、犬の散歩の途中に、何人もの町民に声をかけられました。


 では、家族の反応は?
 なかなか冷ややかなものです。
 離れて暮らす長男からは、「録画してたの今見たよ」 の1行メールだけ。
 嫁いだ長女からは、孫が 「じいじ!かっこいい!」 と大興奮だったというものの、本人のコメントは 「白髪が気になるわ(笑)」 だけでした。

 でもね、メールをくれるだけいいのです。
 それに引き換え、同居している次女のひと言が気になります。

 「見るわけないじゃん! こうやって毎日、見ているんだから」
 だって。
 えっ、家内ですか?
 ええ、まあ……、話題にもなりません。


同じカテゴリー(テレビ・ラジオ)の記事
 2週連続オンエア! (2018-11-07 19:03)
 民話と伝説の舞台裏トーク (2018-11-03 12:20)
 古くて新しい “湯治” に注目~温泉大県ぐんま (2018-10-01 15:35)
 今度は 「ごごナマ」 全国放送! (2018-09-28 10:48)
 トリビアな夜 (2018-08-09 11:12)
 そうだ、湯治に行こう! (2018-06-27 12:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さすが天下のNHK
    コメント(0)