温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年07月10日

あわてん坊な読者


 以前、「キレる中高年」(2018年2月14日) というブログを書いたところ、多くの反響をいただきました。

 なぜ中高年はキレやすいのか?
 定年退職した喪失感からの苛立ちとか、諸説あるようですが、一説には、認知症の始まりとの指摘もあります。
 心当たりのある方は、ご注意くだされ!


 ブログでは、中高年が、やたらと店員に “怒鳴る” “せかす” といった理不尽なクレームをつけるという行動について書きましたが、僕ら編集・出版業界にもクレームは付きものです。
 ま、たいがいは出版や編集の担当者が処理してくださるのですが、時として、僕のように記名で記事を書いている場合は、筆者まで持ち込まれることがあります。

 その場合、確かに内容の誤りだったり、表記の間違いだった場合は、素直に認め、後日、訂正と詫びの一文を掲載いたします。
 でも、時として、熱心な上に、あわてん坊も読者もいたりするのです。


 先日、某新聞に連載している記事に対して、読者から編集室に、こんな指摘がありました。
 <「明朗活発」 は、「明朗闊達」 の間違いではないでしょうか?>
 というものです。
 僕は、「明朗活発」 という四字熟語を使いました。

 確かに、読者の言うように “明朗” と聞くと、“闊達” と連想する人が多いと思いますが、“明朗” には、たくさんの四字熟語があります。
 「明朗快活」、「明朗会計」 なども、よく使う言葉です。
 ちょっと辞書を引けば、分かることなのですが、手間をはぶいて、つい電話やメールをしてしまうのですね。


 以前、僕の著書に対しても、出版元に抗議の手紙が届いたことがありました。
 若山牧水の 『みなかみ紀行』 に触れた一文に対してでした。

 <大正11年10月21日。前夜は四万温泉に宿泊した歌人の若山牧水(37歳)は朝、宿を出て中之条から電車に乗って午後、渋川に着いた。ふたたび電車に乗り沼田で下車し、その晩は「鳴滝」という旅館に泊まっている。>

 これに対して、読者は、
 <若山牧水は電車に乗りません。電車は当時、ありませんでした。>
 とのことでした。

 最初は、なんのことを言っているのか分かりませんでした。
 だって、牧水自身が紀行文の中で、そう書いているのですから……

 よくよく手紙を見ると、みなかみ町在住の読者でした。
 しかも大正生まれのご高齢の方です。
 さっするに、昭和3年に開通した上越線と勘違いしているのではないでしょうか?

 渋川~沼田間には、明治44年から利根軌道という馬車鉄道が開業しており、大正7年には全線が電化されています。
 ですから、もちろん牧水は電車に乗れたわけです。

 読者には、その旨を告げる手紙を書きました。
 ちょっと調べれば分かることですが、人は、ついつい自分の感情に支配され、思いつきで行動してしまうもののようです。


 でも、そんな “あわてん坊” の読者さんたちですが、それだけ熱心に僕の記事を読んでくださっているということです。
 やっぱり、筆者にとってはありがたい存在なのであります。

 これからも、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あわてん坊な読者
    コメント(0)