温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年07月12日

もっと恍惚の人


 「確か、昔、読んだよな。たぶん、あったような気がしたけど……」

 オヤジの介護をしていて、突然、僕は、ある本が読みたくなって、書庫へ駆け込みました。
 書庫といっても、たたみ2畳ほどの小さな納戸です。
 天井までの書棚が2つあるだけです。

 その棚の奥の奥に、セピア色した文庫本を見つけました。
 有吉佐和子・著 『恍惚(こうこつ) の人』(新潮文庫)

 読んだ記憶はありますが、内容は、まったく覚えていません。
 ただ、老人介護の話だったという以外は……

 「昔は、どうだったんだろうか? 今とは勝手が違ったのだろうか?」
 急に、自分が抱えている介護との比較がしたくて、読み始めました。


 小説が出版されたのは、昭和47年(1972)。
 当時、ベストセラーとなり社会に大きな影響を与えました。

 物語は、ショッキングなシーンから始まります。
 主人公の嫁・昭子は、仕事帰りに、町を徘徊する舅(しゅうと) の茂造と出くわします。
 「腹が減った。何か食べさせてくれ」
 「おかあさんは、どうしたんですか?」
 「婆さんは、いくら言っても起きてくれない」

 あわてて家に帰り、離れをのぞくと、姑(しゅうとめ) が亡くなっています。
 舅、84歳。姑、75歳。
 このとき初めて、息子夫婦は、茂造が認知症であることに気づきます。
 そして、経験したことのない介護生活が始まります。


 でも、これは半世紀近く前に書かれた小説です。
 当時はまだ “認知症” という言葉はなく、「ボケ」 「痴呆(ちほう)」 「耄碌(もうろく)」 という言葉が使われています。
 そして驚いたのは、当時の平均寿命です。
 男性は69歳、女性は74歳なんですね。
 今より10歳も若かったことになります。


 「うんうん、分かる、分かる。そうそう、そうなんだよな」
 と、時代は変われど、介護の実状は変わりません。
 でも時には、
 「甘い、甘い。うちのジイサンは、そんなもんじゃねーぞ!」
 なんて、ツッコミを入れたりしながら読んでます。

 ふと、本から目を離すと、寝息を立てているオヤジがいます。


 息子の信利が妻に言った言葉が、めぐります。
 「俺もうっかり長生きすると、こういうことになってしまうのかねえ」


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
もっと恍惚の人
    コメント(0)