温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年07月13日

無事、下山しました!


 “出版は登山に似ている”

 さしずめ著者にとっての 「登頂」 は、脱稿(原稿を書き終えること) です。
 達成感という絶景を味わいます。

 しかし登山とは、山頂に立つことではなく、無事に帰ること。
 下山して、初めて登山が完結します。
 では、出版において下山とは?

 編集者、カメラマン、デザイナーたちとの制作です。
 完成に向けて、チームワークを駆使して、一歩一歩丁寧に仕上げていきます。


 今日、最後の制作会議を終えました。
 「すり合わせ」 という作業です。
 1校、2校と校正を終えたゲラ刷り(校正用に刷った印刷物) の最終チェックを行いました。

 「お疲れさまでした」
 「それでは、これでお願いします」

 表紙、本文、奥付等のチェックを終え、ここから先は、すべてをデザイナーと編集者に託します。
 後は、野となれ山となれ!
 泣いても笑っても、出版日は来るのです。

 そして僕らは、「下山」 を無事に終えました。


 でも、下山口で振り返っても見えるのは、うっ蒼と生い茂った森だけです。
 そう、たった今、スタッフ全員で抜けて来た深い森が見えるだけ。

 あと、もう少し歩かなくてはなりません。
 山のふもとの町のバス停まで……

 そこから振り返った時、僕らが制覇した山の全容が見えるはずです。
 (その間に、印刷~製本と作業が行われます)

 そしてバスに揺られ、電車を乗り継ぎ、我が家に帰る頃、本が書店に並びます。


 ☆ 小暮淳・著 『ぐんま謎学の旅 民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん/定価 1.000円税込) は、8月8日の発売です。
 ●問合・予約/ちいきしんぶん TEL.027-370-2262
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)
 今日の上毛新聞 「読書面」 (2018-09-16 10:45)
 表紙のイラスト (2018-09-14 18:29)
 今日の日経新聞② (2018-09-08 11:22)
 『民話と伝説の舞台』 好評発売中! (2018-09-05 12:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
無事、下山しました!
    コメント(0)