温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年07月20日

蚊のいない夏


 昔、といっても僕が子どもの頃のこと。
 夏休みになると、決まって母親に、こう言われました。
 「午前中の涼しいうちに、宿題をしちゃいなさい」
 って。

 ラジオ体操から帰って来て、朝食をとって、マンガを読みながらグダグダとしていると、言われたものです。
 というのも、どこの家にもクーラーがない時代のこと。
 午後になると気温がグングン上がり、30℃を超える日もあったからです。

 そう、当時は “30℃” というのが 「真夏」 を表すキーワードだったのです。
 だから勉強は、気温が上る前の午前中にしてしまえと言ったのです。


 午後になって30℃を超えると、親たちは子どもに、今度は、こんなことを言いました。
 「外へ行くんなら、帽子をかぶりなさいよ。日射病になっちゃうよ」
 って。

 そう、まだ “熱中症” なんて言葉がなかった時代だったんです。
 “30℃超え” にビビッていた昭和の頃は、怖いのは高温ではなく、直射日光だったのです。


 時は流れて、あれから半世紀……。

 なんですか、このクソ暑さは!?!?!?
 「午前中の涼しいうち」 が、どこかへ行ってしまいました。
 朝の7時で、すでに30℃超えですからね。
 今の親は、子どもになんて言うのでしょうか?
 「いつでもいいから冷房の効いた部屋で宿題をやりなさい」 ですかね。

 それにしても、今年の暑さは異常です。
 何が異常かって、だって、蚊がいないんですもの!
 例年ならば、蚊取り線香や殺虫剤が手放せないのに、僕はまだ今年、蚊に刺されていません。

 不思議だな~、不思議だな~と思っていたら、先日、ラジオで識者が、こんなことを言っていました。
 「蚊は、35℃を超えると活動がにぶり、40℃を超えると死んでしまう」 と!
 それを聞いた僕は、つい、ツッコミを入れてしまいました。

 「蚊だけじゃねーよ! 人間もだよ!!」


 みなさん、不要不急の外出は避けましょう。
 これは異常気象などではなく、すでに災害ですぞ!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)
 意地悪な神様 (2018-08-13 13:40)
 介護日和 (2018-07-30 18:20)
 もっと恍惚の人 (2018-07-12 11:01)
 生涯現役 (2018-07-03 11:15)
 カイメンライダー2号 (2018-06-25 14:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
蚊のいない夏
    コメント(0)