温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年08月13日

意地悪な神様


 「介護とは、糞尿との闘いである」
 と、誰かが言っていました。

 と、テレビドラマ 『遺留捜査』 の糸村風に書いてみました。


 オヤジは、来月で94歳になります。
 重度の認知症で、自分のこと以外は、誰も分かりません。
 もちろん妻も、息子たちのことも。
 ましてや息子の嫁や孫、ひ孫なんて、この世に存在しないことになっています。

 そのオヤジが、突然、思い出したようにオフクロの名前を連呼することがあります。
 「○○子さん、○○子さん」
 って。
 「じいさん、急にどうしたんだい? ばあさんに会いたいのかい?」
 「○○子さんは、どこにいるんだい?」

 そうまで言われれば、介護している息子としては、オヤジとオフクロを会わせないわけにはいきません。
 ということで昨日、オヤジを車イスに乗せて、オフクロが入所しているリハビリ施設へ、面会に行きました。

 「ほら、じいさん。○○子さんだよ」
 オフクロのベッドの脇に車イスを寄せて、2人を会わせました。
 オフクロは寝たきりですが、頭はハッキリしているので、オヤジの来訪を大変よろこんでいます。

 「おとうさん、わたしですよ」
 オフクロが手を伸ばして、オヤジの手を取りました。
 「・・・・・」

 「あれほど会いたがっていたじゃないか?」
 「・・・・・」
 「○○子さんだよ!」
 「えっ、誰だって?」
 「○○子さん」
 「○○子って、……」 


 しばらく、オフクロはオヤジ手を握っていましたが、やがて離して、こんなことを言い出しました。
 「神様はさ、意地悪だよね」
 「どうしてさ?」
 「だって、おとうさんたら、『女は男を見送るものだ』 って言っていたんだよ。でも、ズルイよね。ボケちゃって。なーんも、分からないんだもの。しかも元気だし。わたしは、おとうさんを見送る自信なんて、ありませんよ」

 「まだ、分からないさ」
 息子としては、そう声を返すのが精一杯でした。


 神様、意地悪は、ほどほどにして、どうか、年寄りの願いを叶えてやってくださいませ。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 すってんころりん (2018-09-01 17:37)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
意地悪な神様
    コメント(0)