温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年08月15日

妖精ふたたび


 読者のみなさんは、覚えていらっしゃるでしょうか?
 といっても、8年も前にブログにアップした記事ですから、古い読者の記憶にも残っていないかもしれませんね。

 過去に一度だけ、僕は “妖精” と出遭ったことがあるのです。
 ※(当ブログの2010年11月16日 「妖精目撃」 参照)


 詳しくは、当時のブログを読んでいただきたいのですが、出遭いは、こんな感じでした。

 とある真冬の夜のこと。
 僕が自転車を漕いでいると、後方から “光の玉” が追い越して行きました。
 大きさは、ピンポン玉くらい。
 色は白く、花火のように光の尾を引いていました。
 高さは、自転車に乗る僕と、頭上の電線との間です。
 スピードは、自転車より、わずかに速い程度でした。
 直線で、まっすぐに飛んで、次の電柱にさしかかったあたりで、音もなく、パッと火の子を散らして、消えてしまいました。

 のちに、これが “妖精のオス” だということが判明しました。
 ※(前出のブログを参照)


 「妖精目撃」 から、約10年が経ちました。
 その後、僕は二度と遭っていませんし、妖精と遭遇したことすら忘れていました。

 ところが……

 先日の日曜日の夜のことです。
 夜中に、オヤジに起こされ、オムツを交換させられ、グッタリとしていました。
 気分転換にと、家の外へ出たときでした。

 ちらほらと輝く、星空を見上げていると、後方から “気配” を感じました。
 そうです、10年前の夜に感じた同じ気配です。

 と、思った瞬間、スーーーーーーッと、白い光がゆっくりと、僕の頭上を飛行して行ったのです。
 まったく、あの時と同じ高さで、同じく白い光の尾を引いていました。

 「あっ、妖精だ!」

 光の玉は、そのまま僕の頭上を通過して、隣の家の1階の屋根の上で、またしても音もなく、パッと消えてしまいました。


 前回は真冬、今回は真夏です。
 昆虫とは考えられません。
 やはり、友人のS君 (妖精研究家?) のいうとおり、今回も僕が見たのは “妖精のオス” だったのでしょうか?


同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 不思議、大好き! (2018-04-12 11:35)
 犬にまつわるエトセトラ (2018-03-13 10:53)
 カッパは七年に一度現れる (2016-09-02 21:34)
 真夏のミステリーツアー (2016-08-12 12:32)
 編集長は、どこへ行った? (2016-06-27 22:36)
 怪談めっけ (2016-06-02 20:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妖精ふたたび
    コメント(0)