温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年09月01日

すってんころりん


 ♪ ピーポー ピーポー ピーポー

 ケータイに出た途端、中からサイレンの音が聴こえてきました。

 「あっ、ジュン! すぐに来てくれ! オヤジが転んでケガをした」
 慌てふためく、アニキの声。
 「今、救急車が来たから……。頼んだよ」
 そう言って、切れてしまいました。


 実家で留守番をすること、わずか1時間。
 病院にいるアニキから電話がありました。
 「もう終わったから、迎えに来てくれ」
 とは、なんとも、あっけらかんとしています。

 指定された病院に駆けつけると、すでに正面玄関にアニキが立っていました。
 かたわらには、車イスに乗ったオヤジの姿が。
 頭を包帯で、グルグル巻きにされています。
 訊けば、「3針縫った」 とのことです。


 なんでも、アニキがちょっと目を放したすきに、徘徊を始めたようです。
 徘徊といっても、部屋の中だけですけどね。
 それでもオヤジは、ほとんど目が見えませんから、何かに、けっつまづいて、すってんころりん!
 テーブルの角にでも、頭を打ち付けたようです。

 「ドーンと音がしてさ、行ってみたら、オヤジがひっくり返っていたんだよ。それだけならいつものことなんだけど、びっくりするくらい血が飛び散っているんだもの。動転して、救急車を呼んじゃったよ」
 と、アニキも大騒ぎしたことを済まなそうに言いました。


 今年になって、これで2度目の救急車騒ぎであります。
 前回は、あまりに寝たまま起きないので、脳梗塞ではないかと、搬送されました。
 ※(当ブログ2018年3月9日「眠り翁」参照)

 当の本人は、何が起きたのかも覚えていない様子。
 「じーさん、どこか痛いところあるかい?」
 と訊けば、
 「いーや」
 と応えるだけです。


 「大したことなくて、良かったじゃないか?」
 「ああ、いつまで、続くのかね」
 「しばらく入院してくれると、助かったのにね?」
 「まったくだ」
 「いよいよ、一時もオヤジから目を放せなくなったね?」
 「いつまで、続くのかね」

 僕ら兄弟は、2人して頭を抱えてしまいました。

 人騒がせな爺さんであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)
 壊れたタイムマシーン (2018-09-10 12:05)
 書く力に励まされ (2018-08-27 14:06)
 トトロとミチコちゃん (2018-08-19 11:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
すってんころりん
    コメント(0)