温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年09月11日

ナシと共に去りぬ


 あの息をするのも苦しいような猛暑がウソのようであります。
 ひと雨ごとに朝夕は、めっきり涼しくなりました。

 まるで今年の夏は、人生を模しているようでした。
 “明けない夜はない”
 どんなに苦しい日々も、いつかは終わり、希望の朝が訪れるのだと……。

 きっと日本国中で、誰もがジッと猛暑を耐えていたと思います。


 「もし、エアコンがない時代に、今年のような暑さが来てたら、どうしていたんだろうね?」
 素朴な疑問です。
 さる人が言いました。
 「仕事も学校も休んで、みんな一日中、木陰で休んでいるよ」
 また別の人は、
 「避暑地に疎開だね。どうしても仕事を休めないお父さんだけ都会に残って、家族を山へ逃がすんだよ」

 でも、こんな意見も出ました。
 「暑くなったからエアコンが開発されたんだ」
 ごもっともです。
 確かに昔は、扇風機だけで夏をやり過ごすせていましたものね。


 さて、あの猛暑の夏は、こりごりですが、ちょっぴり淋しさも感じています。
 それは、ガリガリ君の「梨」 が食べられなくなってしまったことです。

 ハマりました!

 外出する時は、車でも自転車でも、気合を入れて家を出ましたが、必ず、まずはコンビニに直行!
 アイス売り場に駆け寄り、ガリガリ君を探します。
 ソーダ味では、ダメなんです。
 「梨」 です!

 口に含んだときのシャリシャリ感が、たまりません。
 そして、あの本物かと思えるほどのジューシーな “梨の味”。
 「よーし、暑さに負けずに、今日も一日がんばるぞ!」 って、気力がみなぎるのであります。

 と、と、ところが!
 いつの間にか、近所のコンビニからガリガリ君の 「梨」 が消えていました。
 こうなったら探し出してやれ!とばかりに数軒のコンビニを回りましたが、ありません。

 「あの…、ガリガリ君のナシ味は?」
 店員さんに尋ねると、
 「はい、あれは夏限定の商品ですから」
 と、つれない返事。

 ショック!


 来年の夏まで待つしかないのですね。
 でも、ガリガリ君の「梨」 は食べたいのですが、あの猛暑は、もう、こりごりなのであります。

 夏と共に去った、ナシ味の氷菓が、やけに恋しい今日この頃であります。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ナシと共に去りぬ
    コメント(0)