温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年09月27日

三途の川を渡れなかった婦人


 「先生、あの本、面白い! でも表紙の絵が怖くって、カバーしちゃいました」
 先日の野外温泉講座のバスの中で、受講生の女性が声をかけてきました。

 “あの本” とは、先月出版した拙著 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) のことであります。
 そーなんです!
 なんだか、ちまたでは、表紙のイラスト画に話題が集まっているようなんです。
 民話や伝説に登場するカッパや天狗、巨人たちが、リアルに描かれていて、かなりおどろおどろしいのです。
 確かに、夜中に一人で読んでいると、怖くなるかもしれませんね。
 でも、それだけ話題になるほどの素晴らしい絵だということです。


 「先生、この間のブログ、面白かったですね」
 「どのブログでしょうか?」
 「三途の川を渡った人の話ですよ」
 今度は男性が話しかけてきました。

 著書に登場する一級河川の 「三途川」 と、本当に三途の川を渡ってしまった人の話を、僕が聞き間違えていたという笑い話のことであります。
 ※(詳しくは、当ブログの2018年9月21日 「三途の川を渡った弟」 参照)

 ひとしきり、その話で盛り上がっていると、話を聞いていた別の女性が、突然、こんなことを言い出しました。
 「私も三途の川を見たことがあるんです」
 「一級河川ではなく、本物の?」
 「ええ、あの世に行くとき渡る川です」

 彼女は、僕と同世代。
 ふだんから低体温のため、平熱は32~3℃なのだといいます。
 そんな彼女が2年前、インフルエンザにかかり、42℃の高熱にうなされ続けたといいます。

 「その時、川を見たんです。大きな川でした。川の向こう岸には人がいて、手を振っているんです。おいで、おいでって。でも川の流れが速くて、とてもじゃないけれど、渡れそうにないんです。しばらく、ためらっていたら、この世にもどっていました」
 そして、熱も下がっていたといいます。


 渡っても、すぐに川をまたいで帰って来た人。
 流れが速くて、渡れなかった人。
 いずれにしても、“三途の川を見た” という人は、引き返しています。

 もし、渡り切ってしまっていたら……


 ぜひ次は、三途の川を渡り切って、あの世まで行って帰って来た人の話をお待ちしています。
   

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)
 三途の川を渡った弟 (2018-09-21 11:07)
 そして今日の毎日新聞 (2018-09-17 13:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
三途の川を渡れなかった婦人
    コメント(0)