温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年10月05日

第3回 公開パネルディスカッション


 NPO法人 「湯治乃邑(くに)」
 おかげさまで設立から3周年を迎えました。
 恒例の公開パネルディスカッションを今年も開催いたします。

 今回のテーマは、“日本の温泉文化をユネスコ世界遺産にしよう!” であります。
 ふるって、ご参加ください!



    第3回 公開パネルディスカッション
     消えゆくぐんまの源泉一軒宿
      「湯治場の復活を考える」
     ~温泉文化を無形遺産に~

 ●日時  2018年11月17日(土) 15時~17時
 ●会場  高崎市産業創造館 研修室
 ●料金  参加無料(要予約)
 ●主催  NPO法人 「湯治乃邑」

 <パネラー>
 熊倉浩靖 高崎商科大学特任教授・温泉文化世界遺産研究会特別顧問
 森 博昭 一般法人 四万温泉協会事務局長
 小暮 淳 温泉ライター・NPO法人 「湯治乃邑」 理事長

 ●申込  ファクスかメールにてお願いします
  FAX.027-212-8822 E-mail:toujinokuni@gmail.com
  フェイスブックからも受け付けています

 ※終了後、懇親会を準備しています。会費3,000円 高崎駅前にて18時頃~


同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事画像
1周年記念パネルディスカッション
温泉が消えていく!
夢の架け橋
同じカテゴリー(湯治乃邑)の記事
 パネディス、今年も開催します! (2018-08-22 18:11)
 コラム 『湯治ふたたび』 (2017-09-28 14:02)
 湯治場の復活を考える② (2017-09-09 13:00)
 第2回 公開パネルディスカッション (2017-08-17 14:37)
 貧すれば敏する (2017-01-19 11:56)
 今日の朝日新聞③ (2016-11-27 12:59)

この記事へのコメント
小暮先生、今年も参加しても宜しいでしょうか?空きが有りましたら是非!! 温泉大好きな私、今日は福島応援旅‥郡山の温泉ホテルにて執筆中(笑)‥明日は栃木の塩原温泉へ。 私の願いは全国の温泉ホテルや旅館さんのお風呂をもっともっと安く一般庶民に日帰りとして解放していただきたい。温泉は日本国民の宝です!でもその効能の真偽はいかに!? 信ずる者は救われる?
小暮先生、水上の居酒屋さん‥御無沙汰では?
Posted by 水上のなべちゃん at 2018年10月06日 20:59
水上のなべちゃんへ

いつもありがとうございます。
事務局に、なべちゃんの「参加」を届けておきます。

ですね。
「やすべ揚げ」で、一杯やりたくなりました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年10月07日 08:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第3回 公開パネルディスカッション
    コメント(2)