温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年10月19日

ちょっと、ひと休み


 最近のブログを読んだ、友人・知人・読者の方々から、「元気がない」 「たそがれている」 と心配するメールや言葉をかけていただきました。
 なんだか、心配をおかけしてしまったようで、申し訳ありません。

 でも僕は、元気です!


 ただね、ちょっぴり疲労感があるのです。
 まだまだ燃え尽きてはいないのですが、かすかに脱力感を伴っています。
 というのも、正直に言えば、50(歳代) の坂はきつかった!
 今までにない急勾配で、背負っている荷物も大きくて……
 まるで軽トラに鉄骨を積んで、山道をエンジン全開でふかしながら上っているようでした。

 それが上りきると、途端に平坦な道になって、視界が一気に開けたのです。
 「おお、こんな高いところまで、良くもまあ、上ってきたなぁ~」
 ってね。
 そしたら、なんだかドッと疲れが出てきて、「少しくらい休んでもいいかな」 っていう気になっちゃったのです。

 前方には、緩やかな上り坂が続いています。
 六十路であります。
 ここらで少し休憩して、荷物を半分降ろして、これからは、ゆっくりと走ろうかと……


 「あら、ジュンちゃん、大丈夫?」
 馴染みの酒処Hのカウンターの席に座れば、すかさずママが声をかけてくれます。
 「大丈夫だよ、ちょっと疲れただけ。ひと息ついたら、また走り出すから」
 「人生、そんなことも、あらーね」
 「だってオレたちには、定年も老後もないんだぜ。ここらで燃料を補給しなくっちゃ、次のステージに進めないよ」
 と言えば、
 「そのとーり! カンパ~イ!!」
 と、隣の常連客が、グラスを差し出しました。

 「ありがとう、乾杯!」


 いい時も、悪い時も、嬉しい時も、悲しい時も、そして疲れた時だって、いつだって、ここに来れば、分かり合える仲間がいるのです。

 店内を見渡せば、常連客は同世代。
 リタイア組も現役組も、みんなみんな長い坂道を上る仲間たちです。

 人生100年、まだまだ先は長いぞ!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 秘密のH (2018-12-06 11:30)
 三人会 (2018-11-30 19:18)
 イルカに乗ったひまわり娘 (2018-10-08 17:08)
 魔法のチケット (2018-09-26 14:57)
 7回裏、チャンス到来! (2018-08-20 18:17)
 10%のしあわせ (2018-08-01 19:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ちょっと、ひと休み
    コメント(0)