温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年11月26日

ガンバレ! 人生百年


 去年よりも今年、先月よりも今月と、日を追うごとに急速に老化が進んでいます。
 僕の両親のことです。

 オフクロは91歳。
 脳梗塞と脳出血を患い、現在でもリハビリ施設に入院しています。
 体の麻痺や言語障害はなくなりましたが、体力が乏しく、寝たきりの生活を続けています。

 オヤジは94歳。
 この歳まで病気一つせず、生きてきました。
 健康がとりえの人でしたが、10年前から認知症が進んでいます。
 もう家族のことは誰一人分かりませんが、頭以外は “健康” なので、デイサービスとショートステイを組み合わせながら在宅介護をしています。

 ただ、肉体の老化は、凄まじいスピードで進んでいます。
 立つ、起きる、歩く、座るという動作は、一人ではできません。
 当然、介助が必要なのですが、いよいよ、介助付きでも危なくなってきました。

 段差があると足が上がらない、歩くのにも一歩がなかなか踏み出せない、何よりも立っているだけで膝から崩れ落ちてしまいます。
 「あー、疲れたよ」
 「疲れたって、今、立ったところだよ」
 「横になりたいよ。布団を敷いておくれ」
 「まだ昼間だよ。寝るには早いよ」
 「そうかい、オレは何をしらいいんだい?」
 そんな堂々めぐりの会話が、繰り返されます。

 でも、無理はありません。
 足を見れば、ガリガリですもの。
 太ももは、細ももです。
 ふくらはぎもありません。
 膝から下は、ただの棒のようです。

 これでは、歩くことも立つことも、できませんって!

 ただ、おかげさまで食欲だけはあります。
 食べて、寝て。起きて、食べて。そして、寝て。
 そんな毎日が、何年も続いています。


 オヤジ、人生百年時代なんだってさ。
 あと6年じゃないか!
 がんばろうぜ!
 もっと、足に筋肉を付けなくっちゃ!

 イッチニ、イッチニ、イッチニ……

 今日も僕のかけ声とともに、部屋からトイレまでの数メートルを頑張って歩いています。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 どこかで 誰かが⑫ 縁は異なもの (2019-02-13 20:58)
 ご褒美の行方 (2019-02-12 11:45)
 こんな世の中だから (2019-02-08 12:16)
 恋のおまじない (2019-02-01 18:19)
 空っ風と人情 (2019-01-28 12:05)
 インフルの壁 (2019-01-26 13:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ガンバレ! 人生百年
    コメント(0)