温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年12月15日

すべて転じて福となせ!


 今年も 「今年の漢字」 が発表されました。
 「災」 だそうです。
 なんだか平成最後の年末には、ふさわしくないような漢字です。

 でも、この1年を振り返ってみれば、北海道の地震や西日本の豪雨など、自然災害のニュースが目立ちました。
 しかし、必ずしも 「災」 は天災ばかりではありません。
 人災も多くありました。
 パワハラによる暴力やいじめによる自殺、「あおり運転」 なんていうのも人災です。

 迎える新しい年は、災いが転じて、大いに福を招いてほしいものです。


 さて、僕も 「今年の漢字」 を発表いたします。
去年は 「活」、一昨年は 「奔」、その前の年は確か 「労」 でした。
 年々、元気な漢字になっているような気がしますが、はてさて、今年は……

 「話」 に決定しました!

 一番の要因は、今年8月に 『民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん) という民話の謎学本を出版したことです。
 これにより、方々のマスコミから取材を受け、裏話など執筆のエピソードを話す機会が増えました。
 著書の発売を記念したトークショー、2週連続のFMラジオ出演も 「話」 であります。

 そのほかNHK総合テレビの全国放送出演や観光大使、温泉大使としての講演会の数々、NPOでのパネルディスカッションなど、すべて 「話」 です。
 ライブ活動でも、僕がバンドのMCを担当していますから、ここでも 「話」 となります。

 振り返れば1年間、まー、いろんなところで話してきたものです。
 本業は、ライター(文筆業) なんですけどね。
 「話」 には、書くよりも早く相手に物事を伝えられるという利点があるのです。
 一度、「話」 の楽を覚えてしまうと、ついつい書く前に話したくなってしまうのです。


 今年も残り2週間余りとなりました。
 みなさんは、どんな1年でしたか?

 良い年だった人も、悪い年だった人も、いつもと変わらない年だった人も、来年は、すべてを転じて福となしましょう!


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 シニアと呼ばれて (2019-03-20 14:08)
 ミルトブツを捕まえて! (2019-03-19 12:47)
 風に吹かれて (2019-03-17 14:06)
 ため息のシーズン③ がんばらない効果 (2019-03-04 18:26)
 なんてこった! (2019-03-01 13:11)
 人生で一番長い2日間 (2019-02-25 18:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
すべて転じて福となせ!
    コメント(0)