温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年12月29日

冬の怪


 ギェェェェェェーーーーッ!!!!

 深夜の住宅街に大きな悲鳴が響き渡りました。
 僕の声です。


 昨晩のこと。
 駅から自転車を漕いで、我が家まで帰る道すがら。
 大通りを避けて、閑静な住宅地に入り込みました。
 大きな庭のある、しょう洒な白い家の角を曲がったときです。

 キキキキーーッ!
 急ブレーキをかけました。

 道路の真ん中に人が立っていたのです。
 それも、おばあさんです。

 それだけなら僕だって、驚きはしません。
 ただ、そのおばあさんの格好が、異様だったです。
 ガリガリにやせこけて、白髪が逆立っていました。

 何より不気味だったのは、下着姿だったということ。
 この真冬の寒空の夜に……。

 一瞬にして全身に鳥肌が立った僕は、脱兎のごとく、自転車を立ち漕ぎしながら、全速力で家まで帰りました。


 部屋に入り、一息ついたときです。
 ハテ、ナンダッタノダロウ?
 もちろん、幽霊ではありません。
 確かに、生身の老いた女性に見えました。
 でも、この世のものとは思えない、妖気が漂い、フラフラとよろけるように歩いていたのです。

 徘徊?
 そうだ、あのおばあさんは、認知症老人なんだ。
 風呂上りか、寝る前の着替えの最中、家族が目を離したすきに、外へ出てしまったのではないか?

 でも、寒くないのだろうか?
 それより、家族は、突然、姿を消したおばあさんを探しているはずだ。
 もう、見つかっただろうか?
 ならばいいけど、交通事故に遭ってはいないか?
 川や側溝に落ちて、ケガなどしてないだろうか?


 気が付いたら、おばあさんの顔と、リハビリ入院中のオフクロの顔が頭の中で重なっていました。
 そういえば、しばらく会いに行ってないなぁ。
 明日にでも会いに行ってこようか……

 あのおばあさんは、オフクロの生霊だったのかもしれませんね。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 働かない理由 (2019-01-16 14:45)
 スマホを忘れただけなのに (2019-01-14 17:56)
 謎の空飛ぶネズミ (2019-01-13 11:33)
 ノンストップ・ライフ (2019-01-05 19:56)
 時の贈り物 (2019-01-04 11:19)
 年頭所感 ~七人の孫とひ孫~ (2019-01-02 15:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
冬の怪
    コメント(0)