温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年01月09日

無形文化遺産登録推進の効用


 “群馬の温泉を世界遺産へ”

 2012年8月31日のブログで、僕は、群馬の 「温泉大使」 になった暁には、温泉文化を世界遺産に登録させる旨を書いています。※(タイトル「世界温泉遺産に推薦します!」)
 あれから約7年、やっと動き出しました。

 昨年暮れ、「日本の温泉文化をユネスコ無形文化遺産に登録しよう!」 と、群馬県温泉協会長の岡村興太郎氏を発起人代表とする温泉文化ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会が設立されました。
 僕も微力ながら、実現に向けて応援させていただいています。


 その効用とでもいうのでしょうか。
 すでに昨年からマスコミやメディアが動いています。
 途端、僕のところには、新聞社からのインタビューやテレビからの取材や出演依頼が舞い込み出しました。

 年末には、すでに地元テレビ局の制作による春の特番のロケ撮影を済ませました。
 と思ったら年明け早々、全国ネットのテレビ局から番組制作へのアドバイザーとしての依頼がありました。
 昨日、さっそく打ち合わせに行ってきましたが、やはり主旨は “無形文化遺産登録に向けて” とのことでした。


 少しずつですが、追い風が吹いているようです。
 まだまだ先は長いですが、コツコツと群馬の温泉の魅力を全国へ、そして世界へメッセージして行こうと思います。
 

同じカテゴリー(ユネスコへの道)の記事
 ユネスコ遺産推進元年 (2019-02-18 13:06)
 温泉文化をユネスコ無形文化遺産へ (2018-12-17 19:32)

この記事へのコメント
 “群馬の温泉を世界遺産へ”大賛成です。
特にわが「群馬」が先鞭をつけたいですね。
ただ…
後々の「保全」や「開発」等について、大きな足かせにはならないでしょうか?
この点が心配です。
まだまだド素人ゆえわからぬことが多いもので。
Posted by T課長 at 2019年01月09日 13:09
T課長さんへ

今年もよろしくお願いいたします。
温泉がユネスコ遺産に登録されたところで、何が変わるのか?
それは僕にもわかりません。
ただ言えることは、このままでは温泉地は半数近くが消滅するということです。
温泉の取材を続けて約20年。
群馬県内の温泉宿を、くまなく回りました。
そして今、振り返ると、“消えた温泉宿” と、“消えた温泉地” のなんと多いことか!
もし、登録されることにより、1つでも温泉地を後世に残すことができるのであれば……
その一念で、応援しています。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年01月09日 22:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
無形文化遺産登録推進の効用
    コメント(2)