温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年01月21日

出張講演 <後編> 昼に舞う


 通常、講演会といえば、1時間半から2時間というのが、お決まりです。
 が、しかし!
 今回は、我が講演人生未曾有の “3時間” であります。

 3時間とは、かなりの長丁場です。
 これは講演というよりは、講義の域! 
 ということで、1時間に1回、休憩を入れさせていただきました。


 聴講の対象者は、三重県内の銀行に勤務する営業マン。
 “知識をお客様との会話に活かす” という研修の一環として、僕が講師に呼ばれました。

 演題は、『温泉はもっと楽しめる』

 1部、温泉とは何か? 温泉地の成り立ちと歴史
 2部、温泉の入り方 宿に着いてから入浴まで
 3部、良い温泉の選び方 湯守のいる宿とその仕事

 いつもは群馬県内の温泉の話をたっぷりするのですが、ここは三重県です。
 群馬県が、どこにあるのかも知らない人たちが対象です。
 (ほとんどの人が、東北地方だと思っています)
 なので、群馬ネタは一切話さず、全編温泉うんちくで通しました。


 さすがに3時間のトークは、疲れます。
 聴いている人は、もっと疲れているだろうと思いきや、さにあらん。
 みなさん、来た時よりも生き生きした感じで、笑顔の人が多かったようです。

 「僕も三重県の温泉、全50ヶ所を回って、本を書いたら、先生みたいになれますか?」
 30代と思われる男性が、講演終了後に声をかけてきました。
 彼は、僕が群馬県内約100ヶ所の温泉地すべてをめぐって本を書いたことが、温泉ライターになるきっかけになったという話に触発されたようです。
 「もちろん、すぐに講演の依頼が飛び込んできますよ」
 と答えると、
 「でも、文章書くのニガテだからなぁ~」
 と言って、周囲の笑いを誘いました。


 「お疲れさまでした。昼食がてら、一杯いかがですか?」
 会場を出ると、この講演を企画してくださった出版社の担当者が、すかさず声をかけてくれました。
 「いいですね。喉がカラカラです」
 「では、とりあえず、名古屋まで出ましょう」

 ということで、近鉄線に乗り、特急で名古屋へ。
 案内されたのは、郷土料理を食べさせる駅前の大きな居酒屋でした。
 まだ午後の1時過ぎだというのに、店内はほぼ満席状態です。

 「大都会は、違いますね。群馬では5時過ぎないと、なかなか酒は飲めませんよ」
 「名古屋は、いつでも大丈夫ですよ(笑)」
 それにしても、活気がある。
 若者のグループから女子会、ビジネスマン、中高年にいたるまで、老若男女でいっぱいです。

 「ありがとうございました。大成功です」
 「こちらこそ、お世話になりました」
 「大変、お疲れさまでした」
 「乾杯!」


 しみる、しみる!
 3時間もの間、酷使した喉は、まるで砂漠状態です。
 あっという間に、ジョッキの生ビールが続けざまに2杯、しみ込んでいきました。

 手羽先、どて味噌煮込み、味噌おでん……
 テーブルの上には、テレビでは見て知っているけど、初めて食べるコテコテの名古屋名物が並びました。
 群馬も焼きまんじゅうに代表される、甘辛の味噌ダレ文化ですからね。
 口には合います。

 当然、締めは、地酒を冷やでいただき、まだ日の高いうちに新幹線に乗りました。


 今回の出張講演で分かったこと、それは、
 「みーんな、温泉が大好きなんだ!」
 てこと。
 これからも温泉大使として、ジャンジャン温泉の魅力を伝えていくぞ~!!!
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 元気なシニアに温泉を! (2019-02-06 18:48)
 出張講演 <前編> 夜に翔ぶ (2019-01-20 11:37)
 一番いい温泉は、どこですか? (2018-09-03 19:38)
 公民館めぐり (2018-08-24 18:30)
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)

この記事へのコメント
謹賀新年
タイミングがずれてますね(笑)すみません

某テレビ局の、「孤高のグルメ」みたいだなとおもって、読みました
吉田類さんの方も人気ですけど孤高のグルメもいいですよ
観たことありますか?

我が家は、玄関に
ワタシの工房の名札・家業の名札、温泉関係のお免状を飾っており、興味のある方とはお話がはずみます。でも、これが狙いなんですけどね。

温泉は、人間の普遍愛を呼ぶ起こすいい話題
その企業は伸びるかも
易者になってみました。多少、占いの心得があります。
Posted by ぴー at 2019年01月22日 11:33
ぴーさんへ

今年もよろしくお願いいたします。
「孤高のグルメ」
当然、欠かさず観ていますよ。
あちらは酒を飲みませんけどね。

いつか書いて見たいのは、温泉街の酒場で酒を飲む “湯酒屋放浪記”。
っていうか、すでに、そんな話も、ちらほら来ているので、夢が夢でなくなる日も近いかも。

好きこそものの上手なれ、で、今年も好きなことだけやってみようと思います。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年01月22日 21:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
出張講演 <後編> 昼に舞う
    コメント(2)