温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年01月31日

マロの独白 (45) 立ち漕ぎ王子 


 こんにちワン! マロっす!!
 ここんちの飼い犬、チワワのオス、12才です。


 「あけましておめでとうございます」
 なんですね。
 今年、はじめての登場でやんす。
 読者のみなさんは、元気に新年を迎えましたか?

 オイラっすか?
 オイラは、生まれてからこのかた、毎日が日曜日ですから、相も変わらず平々凡々と生きています。
 ま、オイラに仕事があるとすれば、“癒やし” ですからね。
 楽なもんです。
 ご主人様のご機嫌をとっていればいいんですから。
 でもねぇ~。


 「おい、マロ! 散歩に行くぞ!!」
 「……」
 「なんだよ、毎回、グズルなよ。サッサと出かけて、サッサと歩いてくれ。こっちは忙しいんだから」
 「分かりました。行けばいいんでしょう、行けば……」
 「なんだ、その態度は! それが飼い主に対する態度かッ!!」
 「はいはい、行きますよ」
 と、シブシブ散歩に行く、今日この頃です。

 だって、オイラはメキシコ原産の埼玉生まれですからね。
 群馬の冬は、ニガテなんでやんす。
 先日、ご主人様はブログで、「群馬の空っ風は、昔に比べたら弱くなった」 なんて書いてましたけど、いえいえ、十分強いですよ。
 オイラなんて、チビ助だから、散歩の途中で何度、飛ばされそうになったことか……


 「ご主人様、今日も風が強いですね」
 「こんなのは空っ風じゃないぞ。ただの北風だ」
 「えっ、空っ風って、もっとスゴイんですか?」
 「ああ、特に赤城山南面に吹く “赤城おろし” は、ハンパねーぞ!」
 「どのくらいスゴイんでやんすか?」
 「ああ、自転車が進まない」
 「えっ?」
 「だから群馬の人は、みんな立ち漕ぎをする」
 「立ち漕ぎ?」
 「そう、お尻をサドルから離して、立ったまま全体重をペダルに乗せて踏み込む、群馬県民御用達の高度な走法テクニックなんだぞ」

 なんでも、ご主人様は、昔からこの立ち漕ぎが得意で、ちまたでは 「立ち漕ぎ王子」 と呼ばれていたらしいのです。

 「でもさ、最近は立ち漕ぎをしている人を、あまり見かけないんだよな」
 「なぜでしょう?」
 「学生さんは、時々見るけどさ。大人は皆無だな。この間も、北風に向かって立ち漕ぎをしていたら、おばあさんの自転車がスーッと追い抜いて行ったんだ」
 「ええっ、お、お、おばあさんがですか~?!?!?!」
 「そうだ、かなり高齢のおばあさんだ。なんでだか、分かるか?」
 「……、えーと、もしかして、そのおばあさんは、元競輪の選手だったとか?」
 「そんなわけないだろう! 電動アシスト付き自転車だよ」


 たわいのない話ですが、オイラは、文明の利器に頼らずに、懸命に生きているご主人様が大好きでやんす。
 よっ、立ち漕ぎ王子!
 
 ご主人様は、今日も半径5キロ以内なら車を使わず、元気にペダルを漕いでおります。
 オー、ワンダフル!


同じカテゴリー(マロの独白)の記事
 マロの独白 (47) リッチなおやつ (2019-04-22 16:55)
 マロの独白 (46) いじめないで! (2019-02-15 14:45)
 マロの独白(44) 平々凡々な日々 (2018-12-26 14:58)
 マロの独白(43) センダングサ撲滅作戦 (2018-11-06 12:10)
 マロの独白(42) 入れ歯が欲しい (2018-10-13 12:12)
 マロの独白 (41) 恐怖の夏よ、サヨナラ! (2018-08-17 19:02)

この記事へのコメント
マロさん!!待ってました~~☆あけましておめでとうございます。今年もゆるっと淡々と、そして元気にチワワン道を進んでくださいませ。
いま東京は雨が降り始め、もうすぐ雪に変わるかも、と天気予報のお姉さんが言ってました。乾燥しすぎた東京では、待望の「空からのギフト」でございます。
歩くたびに、「カサっ」て音がしそうなぐらい、われわれもドライ感になっておりました。あ~~いつ雪になるのかな~~と、時々窓を開けてチェックしています。
マロさんも、乾燥肌にきをつけてね。それにしても、立ち漕ぎ王子とは、マロパパ先生、かっこよすぎるネーミングです!自転車に乗れないわたしには、うらやましい限りです。今年もお互い元気にいきましょうね、ワン!
Posted by ムク at 2019年01月31日 20:02
ムクさんへ

今年もよろしくだワン!
オイラは雪がキライなんだな。
寒いし、散歩もできなくなるし。
でも今年は、まだ見てないっすね。
ここ数年、群馬より東京のほうが雪が降るんだな。
これも異常気象っていうやつですかねぇ。
昨日も雨がパラついた程度でした。
よかったワン! by マロ
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年02月01日 13:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マロの独白 (45) 立ち漕ぎ王子 
    コメント(2)