温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年05月13日

若いって素晴らしい!?


 「小暮君は、若くっていいな」
 「えっ?」
 「60代は、まだまだ何でもできるもの」
 「はぁ…」


 仕事やプライベートでも、付き合いとなると相手は40~50代が中心です。
 気が付けば、どこへ行っても僕が年長者という場面が、ほとんどの交友関係となりました。
 そんな毎日の中で僕のことを 「小暮君」 と呼んでくださる貴重な先輩方は、この人たちしかいません。

 「ぐんまカルタ制作実行委員会」 の面々です。

 僕ら8人は、わけあって2006年に同会を発足しました。
 そして、念願かなって2008年に 『新ぐんまカルタ』 を発行・発売しました。
 このカルタには、“群馬再発見” というサブタイトルが付いています。
 戦後間もない昭和に作られた 『上毛かるた』 の進化系として、平成の世を生きる群馬の子どもたちのためにと作りました。
 ※(発足までの詳細は、当ブログの2010年12月18日 「3分の1は敵」 を参照)


 あれから11年……
 毎年5月に総会を開き、その後の販売報告を兼ねて顔を合わせ、年に一度だけ杯を重ねてきました。
 最年少だった僕が60代となり、他のメンバーは70代後半~80代となりました。
 すでに3人の同志が、物故者となりました。

 「還暦を過ぎて、だいぶ疲れてきましたけど、まだ大丈夫ですかね?」
 「健康であれば、あと10年は大丈夫だよ」
 「あと10年ですか?」
 「ああ、70歳過ぎると無理が利かなくなる」
 すると、会話を聞いていた最年長メンバーが、
 「80歳を過ぎると、できないことだらけだ」


 「小暮君は、いいな、若くって!」

 そうか、僕って、まだまだ若くて、何でもできるんですね!
 先輩たちの言葉に、俄然、勇気がわいてきました。

 あと10年は、全力疾走させていただきます。先輩!
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 街は眠りたい (2019-04-06 19:21)
 どこかで 誰かが⑪ お役に立てて (2019-01-07 10:55)
 あっぱれ! くまざわ書店 (2018-11-15 13:09)
 7年ぶりのランクイン (2018-11-04 11:40)
 つぶれない理由 (2018-10-28 12:31)
 コンプリートのチャンス! (2018-10-12 12:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
若いって素晴らしい!?
    コメント(0)