温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年05月18日

どこかで 誰かが⑬ 連載の力


 <「はつらつ温泉」 初めて読みました。いいお話ですね。>
 知人の男性から、メールが届きました。

 「はつらつ温泉」 とは、高崎市のフリーペーパー 「ちいきしんぶん」 に毎月連載しているコラムのことです。
 彼が読んだのは、今週発行号に掲載された第37話の 「好きな温泉探し」 のようです。
 この回では、僕が講師を務める温泉講座について書きました。
 泉質や効能を知ることも大切ですが、講座では “いい温泉探し” をするのではなく、みんなで自分の “好きな温泉探し” の旅をしているという内容です。

 早いもので、この連載もスタートから丸3年が過ぎ、4年目に入りました。
 で、ふと思ったのであります。
 彼は高崎市在住で、僕が 「ちいきしんぶん」 という冊子に連載をしていることも知っているのに、<初めて読んだ> と知らせてきたのです。

 たまたま見たのかもしれませんが、それにしても <初めて読む> までに3年の月日を要したということです。
 そう考えると、つくづく “連載” とは、続けることに意味があるのだと思いました。
 だって、もし、今年の3月で 「丸3年でキリがいいから」 と連載を打ち切っていたら、彼は永遠に僕のコラムを読めなかったし、メールを送ってくることもなかったわけです。


 このブログにも書きましたが、以前、イギリスに暮らす友人が、偶然、日本から送ってもらった雑誌の中に、僕の書いた記事が載っていたことに感動して、わざわざ国際電話をかけてきたことがありました。
 ※(当ブログの2018年8月10日 「どこかで誰かが⑩ロンドンの旧友」 参照)
 このときも、「単発の記事ではなく、連載だったから彼の目に留まったのだ」 と思いました。

 そう、連載の持つ “力” が、偶然の確率を大きくして必然に変えるのだと!


 その昔、雑誌社の記者を辞め、フリーランスのライターになることを決心した若き日のこと。
 「絶対、新聞や雑誌に連載を書けるライターになる」
 と、心に誓いました。
 単発の無記名記事ばかり書いていた駆け出しの頃です。

 “使い捨てライター” なんて、呼ばれたくないと……


 あれから四半世紀。
 なんとかライターを職業として今日まで暮らして来たけれど、どこまで走り続けられるのやら。
 生涯現役ライターの道は、まだまだ続きそうです。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 掌編小説 <浅田晃彦・選> (2019-05-21 15:05)
 生涯ライター (2019-03-06 12:13)
 おかげさまで9周年 (2019-02-03 20:39)
 姓は 「焼き」、名は 「まんじゅうろう」。 (2019-01-11 18:30)
 急げ! 中高年 (2018-08-31 12:33)
 どこかで 誰かが⑩ ロンドンの旧友 (2018-08-10 12:33)

この記事へのコメント
まったくテーマ違いのコメントになってしまいますが、お許しください!
さきほど知ったのですが、BIGLOBE等の旅サイトが行っている「みんなで選ぶ第11回温泉大賞」で、県別部門で群馬県が「東の横綱」になってました☆彡
おめでとうございます!!とり急ぎ~!
Posted by ムク at 2019年05月20日 11:33
ムクさんへ

よっしゃーーーっ!!!
ついに、“湯の国ぐんま” の時代が来ました!
温泉地部門では、絶対王者の草津が11年間連続、横綱の座を守り続けていますが、今回は小結に伊香保が昇格しました!

♪ GOGO温泉パラダイス YUYU湯の国ぐんま県 ♪
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年05月20日 22:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どこかで 誰かが⑬ 連載の力
    コメント(2)