温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年09月07日

晴れ男 VS 天気の子


 僕は自他共に認める “晴れ男” です。
 過去に数々の奇跡を起こしてきました。

 ビアガーデンで、降り出した雨を念じてピタリと止めたこともあります。
 ライブ会場で、ドシャ降りの雨が僕らのバンドが出演する時間帯だけ止んだこともあります。
 雨予報の日に登山に出かけて、1回も雨具を使用せずに下山したこともありました。
 ラジオの野外公開生放送にゲスト出演すると、僕の出演時間帯だけ雨が止んだこともありました。

 これらの奇跡は、たびたび、このブログにも掲載してきました。
 間違いなく、僕は正真正銘の “晴れ男” です。


 そんな僕に挑戦状を叩きつけるような映画が、現在、大ヒットしています。
 『君の名は』 で一世を風靡した新海誠監督のアニメ映画 『天気の子』 です。
 なんでも主人公の女の子は、僕と同じように空に向かい念じると、その場所だけ雨が止んで、晴れ間が差すといいます。

 相手は、子どもです。
 しかも現実ではなく、アニメです。
 それでも、なぜか、僕のプライドが許しません。

 いざ、対決だッーーー!!!

 百聞は一見にしかず、ということで、映画を観てきました。


 まだ映画をご覧になっていない方のために、あらすじや内容は話せませんが、率直な感想だけ述べます。
 負けました(笑)。

 何が負けたかって、念力の強弱ではありません。
 その能力の使い方であります。
 彼女は、他人のために使っていたのです。

 引き換え僕は、自分のためだけに使っています。
 というか、かつて僕は、「天気にして欲しい」 という依頼を受けたことがありません。
 たとえ頼まれたところで、この能力を他人のために使うつもりはありませんし、まして、商売にするなんて……(ちょっとネタバレ)。


 ま、新海監督が次回作で、続編の 『晴れ男 VS 天気の子』 という映画を作りたいというのであれば、協力は惜しみませんけどね。
 ただ、この能力を、命を縮めてまで使うつもりはありませんので、あしからず(これまたネタバレ)。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 老化と自粛とパラサイト (2020-04-02 10:59)
 脱・アンチエイジング (2020-03-30 11:42)
 『在りし人』 クランクイン (2020-03-24 11:42)
 紙芝居がやって来た! (2020-03-23 12:08)
 伝道師の子 (2020-03-21 19:33)
 おりこうさんが多くて疲れませんか? (2020-03-20 11:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
晴れ男 VS 天気の子
    コメント(0)