温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年09月20日

マロの独白 (最終回) 天国より愛を込めて


 こんばんワン! マロっす。
 ここんちの飼い犬、チワワのオス、13歳2ヶ月と7日……
 ……でした。

 オイラ、令和元年9月20日午前2時42分に、天国へと旅立ちました。


 おとといまでは元気だったんですよ。
 前回、ご主人様がブログに書かれたように、確かに足腰はヨボヨボですけど、なんとか休み休み、家のまわりのいつもの散歩コースを歩きました。
 ところが昨日は朝から体調がすぐれなくて、朝食も半分残してしまいました。

 「おとう、マロ、だいぶつらそうだけど、今日も散歩行くの?」
 ゲージの中で横たわっているオイラを見て、次女様がご主人様と話しているのが聞こえました。
 「無理かもしれないね」
 「私は午後、出かけちゃうけど、無理はさせないでね」
 そう言って、次女様は家を出られました。

 「おい、マロ! 散歩、行くか?」
 「クー、クー」
 どうしたことでしょう、一生懸命、言葉にしようとするのですが、なんだか息苦しくて、いつものように話せません。
 「立てるか?」
 ご主人様がオイラの体を抱き上げますが、床に下ろすと、そのまま濡れ雑巾のようにグターっと倒れこんでしまいます。
 まったく、手足に力が入りません。

 「今日は、やめとくか! おい、マロ、オレも出かけるけど、1人で留守番できるかい?」
 「クー」
 そして、ご主人様も出かけられ、オイラは家に残されました。


 ご主人様が帰って来られたのは、夜の9時過ぎでした。
 「マロ、どうした! 大丈夫か?」
 返事をしようにも、意識がもうろうとして、もう声が出せません。
 ご主人様は何も言わず、ゲージの中で糞尿まみれになって倒れているオイラを抱きかかえ、キレイに体を拭いてくださいました。

 やがて次女様と奥様も帰って来られたようですが、オイラには、ご主人様の声が、かすかに聞こえるだけです。
 「今日はオレが一晩中、マロについているから、寝ていいぞ」
 そう言うと、ご主人様はゲージの隣にクッションを持ってきて、リビングの床に添い寝をしてくださいました。

 「クー、クー」
 と時々、オイラが声を上げると、
 「マロ、大丈夫か? オレが一緒にいるからな!」 と言って、背中をさすってくれたり、テッシュに浸した水を口元に当ててくださいました。


 日付けが替わり、午前1時を過ぎた頃あたりからでしょうか。
 だんだん息が苦しくなってきて、それまでは鼻で呼吸をしていたのですが、口を開いて、ハーハーと音を立てるようになっていました。
 「マロの様子が、おかしいぞ!」
 ご主人様の声に、まだリビングでスマホをいじっていた次女様も、オイラのそばに駆け寄ってきました。

 「下顎(かがく)呼吸が始まったのかな?」
 「なんだい、それ?」
 「人間の場合だけど、苦しくなって、大きく呼吸をしようとすると、アゴを激しく動かすようになるんだよ。でも、これが始まると24時間内に絶命するらしい」
 次女様は、看護大学の現役学生さんなのです。
 「でも、あくまでも人間の場合だよ。犬のことは分からない。そもそも、これが下顎呼吸かも分からないし」


 やがて、ご主人様と次女様の話し声が、遠のいていきました。
 「ハー、ハー、ハー、ハー、ハー」
 呼吸のスピードが、どんどん速くなっていきます。

 「マロ! しっかりしろ!」
 ご主人様の手が、もう何時間もオイラの背中をさすってくださっています。
 「マロ! 逝っちゃだめ! ダメダメ、イヤだよ~!」
 次女様の手が、オイラの頭をなでています。


 あー、オイラ、しあわせだな~……

 13年前に、ペットショップの福引きの2等賞の景品になったおかげで、こんなにも楽しい犬生を送れたんだもの……
 ※(オイラが、この家に来たいきさつは、「マロの独白」 のバックナンバーをお読みください)

 ご主人様、奥様、次女様、そして嫁がれた長女様、世帯を持たれた長男様、大変お世話になりました。
 本当にオイラは、しあわせでしたよ。

 楽しかったな~!

 もっともっと一緒にいたかったけど、これがオイラの寿命なんですね。
 ひと足先に、大主人様と大奥様の所に行きます。


 今度、生まれ変わっても、オイラ、必ずペットショップの景品になりますから、また引き当ててくださいね。
 もう一度、ここんちの飼い犬になりますから! 絶対に!!
 それまで、しばしのお別れでやんす。

 そして、読者のみなさん、本当に本当に長い間、オイラのつたない文章を読んでくださり、ありがとうございました。
 感謝してるワン!

 バイバイ!
 さようなら……



 PS
 長い間、『マロの独白』 をご愛読いただき、ありがとうございました。
 心よりお礼を申し上げます。  主人


同じカテゴリー(マロの独白)の記事
 マロの独白 (番外) 代筆いたします。 (2019-09-17 11:16)
 マロの独白(50) 腰くだけ (2019-08-19 17:58)
 マロの独白 (49) 犬生100年時代 (2019-07-17 11:17)
 マロの独白 (48) ご主人様は男です! (2019-05-27 18:37)
 マロの独白 (47) リッチなおやつ (2019-04-22 16:55)
 マロの独白 (46) いじめないで! (2019-02-15 14:45)

この記事へのコメント
小暮さん、泣かさないでください。 淳さんの心境を考えてしまうと‥マロ君の御冥福を祈りながら泣きました。マロ君はとても幸せな生涯でしたね。このブログにも登場し全国に沢山のファンがいて、もしかするとご主人様よりも有名人、いや有名犬かも!? 天国のマロ君!! 我儘なご主人様だったかも知れませんが、もう少し世の為・人の為、そして自分の為に好きな事をしますので‥大好きなご主人様を天国から見守ってやって下さいね。宜しくです。
Posted by 水上のなべちゃん at 2019年09月20日 21:12
マロくん・・マロさん・・・
そうだったですか・・・。とてもとても淋しいです。。。
だけど、マロさんの「たのしかったな~!」っていう一言が、本当に心に響き渡るようです・・・。優しくてたのしいステキなご家族、ご主人様たちに囲まれて暮らし、ほんと幸せな犬生だったことを、一読者として、心からうれしく、同じ犬族として誇らしいような気持ちです。
今日はお彼岸入りの日でしたね。。大主人様や大奥様に、岸辺で再会されているかな・・・それとも、まだ小暮家の居間かどこかでみんなを見守っているのかな・・・。どうぞ、ゆっくり休んで、そして天のお花畑をぞんぶんに翔けてくださいませ・・・。
マロパパ先生へ
なんと言っていいのか・・・、言葉が出ないので、だまって献杯させていただきます。。東京から、マロさんのご冥福をお祈りしています。ムクより。
Posted by ムク at 2019年09月20日 21:34
続く時は…続くもんですね…
Posted by T課長 at 2019年09月20日 22:34
水上のなべちゃんへ

ありがとうございます。
とっても、おだやかな最期でした。
スーッと呼吸が止まり、いつもの寝姿に戻りました。
今はマロの冥福を祈るばかりです。


ムクさんへ

ありがとうございます。
これからもマロからもらった楽しかったたくさんの思い出を胸に、家族仲良く暮らして行こうと思います。
今は、ただただマロに感謝であります。


T課長さんへ

ですね。
令和元年は、小暮家にとって “別れの年” となりました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年09月21日 10:05
マロ君の大往生・・・・合掌
いつも楽しく面白く
斜めから見たり、横から見たり
時には後ろから、そして真上から
マロ君にいろいろ教えていただきました。
ありがとうございました。
Posted by 気まぐれ爺さん at 2019年09月21日 13:26
気まぐれ爺さんへ

長い間、マロのファンでいてくださり、ありがとうございました。
私たち家族も、たくさんのことをマロから教えてもらいました。
何よりも、マロがいるだけで、その場が笑顔になれたのです。
オヤジが亡くなった時も、、オフクロが亡くなった時も、疲れて帰れば、必ずマロが迎えてくれました。
マロは居るだけで、私たちの癒やしだったのです。
今はただ、マロの居ない生活に慣れることだけを心がけて暮らしています。

今後とも、当ブログをご愛読くださるようお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年09月21日 23:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マロの独白 (最終回) 天国より愛を込めて
    コメント(6)