温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年09月23日

3つの御霊


 「お父さん、大丈夫?」
 「なにが?」
 「マロがいなくなって、ボケちゃうんじゃないかと思って」
 「オレは、まだ、そんな歳じゃないよ!」

 マロの訃報を知って、夜遅く、長男が仕事の帰りに寄ってくれました。

 「だって、毎日、マロの散歩をしていたの、お父さんじゃん」
 「散歩だけじゃない。食事もおやつもあげてたし、一緒に昼寝もしていた」
 「だから心配なんだよ。おじいちゃんとおばあちゃんもいなくなっちゃったし……」
 「だ、か、ら! オレは、そんな歳じゃないって言ってるだろ!」

 と大声を上げて否定をしたものの、なんとも言えない寂寞感に包まれました。
 心配してくれる息子の気持ちは、よく分かります。
 親を気遣ってくれる優しい子であります。
 でも僕には、まだまだ、やらねばならないことが、たくさんあるのです。


 今日は彼岸の中日です。
 オヤジとオフクロが眠る霊園へ、墓参りに行って来ました。

 思えば、不思議な光景です。
 半年前までは、この墓は空っぽだったのです。
 30数年前にオヤジが、将来のためにと買ったまま、ずーっと長い間、入る人はいなかった墓です。
 それが今年になって、両親が2人とも続けて入ってしまうとは……。

 「ほら、大きいジイジとバアバに、手を合わせなさい」
 墓参に同行した長女が、孫に線香を手渡しました。
 「そうだ、運動会のかけっこで2位になっんだろう! 報告しなくっちゃ」
 そう言って、僕も孫と一緒に線香を墓前に手向けました。

 <オヤジ、オフクロ、みんな元気にやってるよ。ただ、マロが死んじゃった。そのうち、そっちへ行くからさ。また可愛がってあげて。>

 今年は3つも御霊(みたま)を見送ったのですね。
 人生は予期せぬことが起きるものですが、こんなにもいっぺんに御霊を見送ることになるとは、思いも寄りませんでした。
 これも運命だと、受け入れるしかありませんね。


 「おとう、大丈夫?」
 水桶を手にして歩いていた長女が、振り返って言いました。
 「なにが?」
 「おじいちゃんとおばあちゃんの介護が終わったと思ったら、マロまで逝っちゃうんだもの。ボケちゃうんじゃないの?」
 「お前まで、言うか! まだオレは、そんな歳じゃないって!」

 「ジイジは、だいじょうぶだよね。ぼくとあそぶから」
 「そーだよ、今度、釣りに行こうな!」
 「ワーーーイっ!」
 そう言って走り出した孫に向かって叫ぶ、長女の声が霊園に響き渡りました。

 「こらーーー!! お墓で走っちゃダメでしょーーーーーう!!!!」


 暑さ寒さも彼岸まで。
 かたわらで、雨に濡れたススキの穂が揺れていました。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 老化と自粛とパラサイト (2020-04-02 10:59)
 脱・アンチエイジング (2020-03-30 11:42)
 『在りし人』 クランクイン (2020-03-24 11:42)
 紙芝居がやって来た! (2020-03-23 12:08)
 伝道師の子 (2020-03-21 19:33)
 おりこうさんが多くて疲れませんか? (2020-03-20 11:04)

この記事へのコメント
マロパパ先生
お彼岸の真っ只中ですね・・・。今夜は、旧友たちと飲みまくっていました。
少しだけ遠い地です。夜空を見上げて、時間の変遷に思いを馳せていました。
ご両親、マロさんの旅立ち、先生やご家族さまにしかわからないいろいろなことがあると思いますが、お酒の魔力でどうか安らかないい時間をお過ごしされますように・・・。わたしも、今夜は、亡き夫をしのぶ静かな秋の夜なり、です。。。
ムクより
Posted by ムク at 2019年09月24日 01:28
ムクさんへ

ありがとうございます。
昨晩は酒処「H」にて、常連さんたちに、心を癒やしていただきました。
誰もマロに会ったことがないのに、みんなマロのことを知っているんです。
「マロって、いいやつだったよな」
だなんて……。
本当にマロは、みんなに愛され、しあわせな犬生だったと思いました。
マロを知っているすべての人に、感謝とお礼を申し上げます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2019年09月25日 10:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3つの御霊
    コメント(2)