温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年09月25日

鹿沢温泉 「紅葉館」⑥


 やっぱ、すごい!
 グイグイ、しめ付ける。
 ジンジン、しみて来る。
 ビリビリ、しびれる。

 さすが、群馬を代表する高品質の湯であります。


 僕が講師を務めるNHK文化センター主催による野外温泉講座 「名湯・秘湯めぐり」。
 毎月、バスで県内外の温泉をめぐっていますが、おかげさまで、この講座も11年目を迎えています。
 ということは群馬県内に約100ある温泉は、ほとんど訪ねたわけでして、なので今年からは在校生にアンケートをとって、“もう一度行きたい温泉” のリクエストが多かった人気の温泉宿を再訪しています。

 泉質部門で圧倒的な人気を誇ったのが、群馬県嬬恋村にある鹿沢(かざわ)温泉の一軒宿 「紅葉館(こうようかん)」 でした。


 鹿沢温泉へ向かう群馬県側の道路が整備されたのは、戦後になってからでした。
 それまでは長野県側からの湯治客ばかりでした。
 長野の人たちには、今でも “山の湯” と呼ばれ親しまれています。

 長野県東御市(とうみし)新張(みばり) から湯の丸高原のある地蔵峠を経て、鹿沢温泉までの約16キロにわたる県道沿いには、100体の観音像が安置されています。
 昔、この道は 「湯道」 と呼ばれ、湯治場へ向かう旅人たちの安全祈願と道しるべを兼ねて、江戸時代の末期に立てられたものです。
 その湯治場こそが鹿沢温泉であり、現在でも湯元として湯を守り続けている紅葉館の入口前に、ちょうど100番目の立派な観音像が立っています。

 「きゅうじゅうはち、きゅうじゅうきゅう、ひゃーーーーく!」
 バスの中では、受講生全員が観音像を数えながらカウントアップを楽しみました。


 「やっぱり、すごい湯ですね~」
 と以前にも来たことのある古参の受講生が言えば、
 「わ~、こんな湯は初めてですよ!」
 と新入生が驚きの声を上げます。

 源泉の温度は約47度。
 湧出量は毎分約60リットル。
 そして最大の魅力は、源泉の湧出地と浴槽との距離が、わずか10メートル!
 湧き出した湯が、地形の高低差のみを利用して、そのまま浴槽へ流れ込んでいます。

 「自然湧出」 「自然流下」 「完全放流(かけ流し)」
 僕が推奨する “いい湯の3条件” をすべて満たしている温泉なのです。


 浴室の入口には、日本温泉協会の査定による 「天然温泉 温泉利用証」 が掲げられています。
 これは温泉と浴槽の成績表で、実際に入る温泉の <自然度> <適正度> が、6項目5段階で評価されています。
 で、ここは、「源泉」 「泉質」 「引湯」 「給排湯方式」 「加水」 「新湯注入率」 の6項目で、すべてオール5の評価を受けています。

 全国には約3,000ヶ所の温泉地があります。
 その中で、オール5の評価を受けている施設は、17軒しかないといいます。
 その17軒のうちの1軒が、鹿沢温泉 「紅葉館」 なのであります。


 「うーーーっ、このガツンと迫り来る湯の存在感がたまりません!」

 熱いのですが、沈めない熱さではありません。
 足、腰、胸と徐々に湯に慣らしながら沈めば、やがて肩まで入れます。
 そして、全身を羽交い締めにするようにグイグイと締めつける浴感は、唯一無二の湯です。

 まだ未体感の人は、ぜひ一度、「雲井の湯」源泉のワイルドな湯を味わってみてください。


 ご主人、女将さん、息子さん、大変お世話になりました。
 次回の人気投票でも、必ず選ばれると思いますので、また来ますね!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 霧積温泉 「金湯館」⑩ (2020-03-16 12:13)
 尻焼温泉 「ホテル光山荘」③ (2020-03-07 13:08)
 上牧温泉 「辰巳館」⑧ (2020-01-29 12:18)
 大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑬ (2020-01-10 16:44)
 馬頭温泉 「南平台温泉ホテル 観音湯」 (2019-12-18 16:11)
 宝川温泉 「汪泉閣」⑦ (2019-12-11 21:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿沢温泉 「紅葉館」⑥
    コメント(0)