温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年10月06日

港のノンベー・ヨコハマ・ヨコスカ


 ♪ ちょっと前なら憶えているが 1年前だとチト判らねぇなぁ
   白髪の長いノンベーだって ここには沢山いるからねェ
   ワルイなぁ ほかをあたってくれよ
   アンタ あのノンベーのなんなのさ! ♪


 ということで、今年も行って来ました!
 “12時間飲酒マラソン” という名のバス旅行へ。
 年に1度の無礼講、フリーランスで生きる自分へのご褒美であります。

 僕は10年以上前から、お世話になっている某社の社員旅行に参加しています。
 子どもの頃から集団行動がニガテだった僕ですが、長年1人で仕事をしていると、たまには団体でバカ騒ぎする旅行が恋しくなるのです。
 目的地なんて、どこでもいいのです。
 ただただ飲み、ひたすら飲み、飲み続けることに意義があるのです。


 早朝6時30分、集合場所の高崎駅東口を出発した大型バスは、一路、港町へ向かいます。
 当然、僕はバスの最後部座席です。
 社内屈指ののん兵衛が集められた “プレミアムシート” です。

 「それでは今日一日、よろしくお願いしまーす」
 「カンパーイ!」
 まずは缶ビールを一気飲み。
 「きーーーっ、たまりませんな」
 「朝ビールは、うまいっすね」
 誰もかれもが、このスタートホイッスルを待っていました。

 「こっち、ビールね!」
 「こっちは、チューハイください!」
 2本目のお替わりを求める声が飛び交う中、社長のYさんが、おもむろに一升瓶を取り出しました。
 「小暮さんは、こっちでしょう?」
 「ですね、よく、お分かりで」
 「何年、付き合っていると思ってるんですか!?」
 「だったら、ご一緒に!」
 と、コップに並々と注がれる銘酒・赤城山。

 「いいですね。朝から辛口とは、たまらない。五臓六腑に染み渡ります」


 一行は、横浜中華街に到着。
 昼食までの1時間、自由行動となりました。
 女性陣はショッピングへと出かけましたが、のん兵衛オヤジたちは、飲む以外にやることがありません。
 「青島(ちんたお)ビールを飲みましょう!」
 僕の発案で、オヤジたちは土産物屋でビールとつまみを買い込み、木陰を求めて近くの公園へ。

 10月だというのに関東地方の気温は、すでに30℃を超えています。
 「横浜の街に、カンパーイ!」
 なつかしい味です。
 僕は30年前に旅した中国での珍道中を思い出していました。
 でも、あの時飲んだ青島ビールは、こんなにも冷えてはいませんでした。
 「うまい!」
 どこで何を飲んでも美味しいのであります。


 「はい、カンパーイ!」
 今度は、紹興酒です。
 ツーンと鼻に抜ける香りと、ぬるめでいただく独特の味わい。
 やっぱり中華料理には、紹興酒が合います。

 午後は、ほろ酔い気分で横須賀へ行き、軍港クルーズに乗船。
 海風に当たると、ノドが乾いてきました。
 帰路のバスの中では、また振り出しにもどり、ビールからやり直し。
 そして、高崎駅へ着く頃には、またまた日本酒に手を伸ばしていました。


 「今日一日、お世話になりました」
 「お疲れさまでした」
 降車後は、三々五々と人々は駅の中へ消えて行きます。

 「小暮さん、このあとのご予定は?」
 と訊かれても、何もあるわけがありません。
 「夕食代わりに、焼き鳥で一杯やりませんか?」
 と言われれば、断るはずがありません。

 時計を見れば、まだ午後の7時半です。
 僕とY社長は、夜の繁華街へと歩き出しました。


 ♪ 港のノンベー ヨコハマ ヨコスカ&タカサキ ♪

 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 千里を走る馬に乗って (2020-12-01 13:53)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
港のノンベー・ヨコハマ・ヨコスカ
    コメント(0)