温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2019年11月08日

トリビアが止まらない② もうすぐ200回!


 3ヶ月に1度のこの時間を、僕は毎回楽しみにしています。

 群馬テレビで毎週火曜日に放送されている 『ぐんま!トリビア図鑑』。
 2015年4月スタート時より、僕は番組のスーパーバイザーをしています。
 早いもので5年目に入り、来週の放送で185回を数えます。

 大台の200回放送は、目前です!


 ということで、昨日は番組の企画・構成会議に出席してきました。
 僕を含め、プロデューサー、ディレクター、構成作家ら10名が集まり、今回も、あっと驚く!トリビアネタが飛び交いました。

 たかが群馬、されど群馬……

 群馬には、まだまだ知られざる “お宝トリビア”が 眠っています。
 そのお宝を多ジャンルからリサーチして、資料を集め、発掘をします。
 歴史あり、産業あり、文化あり、そしてミステリーあり!

 さしづめ僕の担当は、温泉とミステリーです。
 今回は、先月放送された 「水上温泉の七不思議」 に続く第2弾! 「令和の世に語り継がれる七不思議」 の続編の企画を提案をしました。

 温泉ネタでは、「ダム湖ができると温泉地はどうなるか?」 について、その微妙な関係についてコメントさせていただきました。


 さてさて、その他にも素敵なトリビアが飛び出しました。
 ・なぜか、その地域だけキリスト宣教師の名の付いた山や橋がある!
 ・「玉の輿」 の語源は、群馬だった!
 ・珍発明の数々を世に残した“群馬のエジソン” と呼ばれる男がいた!
 などなど、取材だけでも楽しそうなトリビアネタが目白押しです。

 会議では、ちょうど200回を迎える来年3月の放送分までのテーマ決めをしました。

 ますます、ハードに!ディープに!なって、トリビアが止まりません!
 乞う、ご期待!!



    『ぐんま!トリビア図鑑』
 ●放送局  群馬テレビ (地デジ3ch)
 ●放送日  火曜日21:00~21:15
 ●再放送  土曜日10:30~10:45 月曜日12:30~12:45
 

同じカテゴリー(テレビ・ラジオ)の記事
 おかげさまで200回 (2020-02-08 11:52)
 七不思議の再放送 (2019-12-20 11:25)
 弘法大師の足のサイズは何センチ? (2019-11-30 10:12)
 トリビアが止まらない (2019-05-10 12:52)
 伝説の人 (2019-03-15 18:29)
 『Air Place』 を聴こう! (2019-03-03 13:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
トリビアが止まらない② もうすぐ200回!
    コメント(0)