温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月05日

夢と女と未来と将来と


 <正月に帰るから、また3人で会おう!>
 県外に暮らす友人のI君からメールが届いたのは、昨年暮れのことでした。
 3人とは、僕とI君とT君のことで、ともに高校の同級生です。

 I君は、すでに定年退職をして、現在は趣味を満喫しながらセカンドライフを送っています。
 T君は再雇用され、役職は無くなりましたが、以前と同じ職場で働いています。
 僕は、昔も今も相変わらずのフリーランス稼業です。


 そんな3人が昨晩、久しぶりに居酒屋で顔を合わせました。

 「今年もよろしく!」
 「カンパイ!」
 の後、話題は昨年亡くなった僕の両親の話になり、続いて他の2人が現在直面している親の介護話になり、やがて病気や通院の話になってしまいました。

 「ヤメ、ヤメヤメヤメーーー! もう、介護と病気の話はおしまいにしょう! あの頃、俺たちは、こんな話はしていなかったぞ!」
 しびれを切らして、僕が一喝!
 「あの頃って、40年以上も前じゃないか!?」
 「そうだよ、あの頃のように、もっと未来の話をしようぜ!」
 「未来? 未来なんて、もうないだろう?」
 だから僕は、I君の言葉を制しました。
 「未来は無いかもしれないけど、まだ将来はあるだろう!?」

 少し沈黙があり、T君が言いました。
 「あの頃、どんな話をしていたっけ?」
 「みんな、夢を語っていたさ」
 するとI君が、
 「ジュンは、歌手を目指していたよな!?」
 「ああ、叶わなかったけどね」
 思えば、I君もT君も、あの頃の夢は叶えていません。

 「それと女の話だな」
 T君のひと言に、「そーだ!」 「そーだ!」 ということになり、昔の彼女の名前がオンパレード。
 あんなことがあった、こんなことがあったと、誰かが語るたびに大笑い。

 呑むほどに、酔うほどに、僕らは40年前を旅していたのでした。


 未来はなくても、将来はある。
 女はいなくても、夢ならある。

 だよね、我が良き友よ!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 不要不急に物申す! (2021-01-16 12:20)
 レバニラは青春の味なのだ! (2020-12-23 11:58)
 千里を走る馬に乗って (2020-12-01 13:53)
 はあ、おっぺしたん? (2020-11-12 11:50)
 しあわせの記帳音 (2020-10-07 10:22)
 戒厳令の夜明け (2020-06-17 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夢と女と未来と将来と
    コメント(0)