温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月11日

源泉ひとりじめ(4) 緑のトンネルの中で、キツツキが出迎えてくれた。


 癒しの一軒宿(4) 源泉ひとりじめ
 高崎観音山温泉 「錦山荘」 高崎市


 四季の眺望に秀で風光絶佳の故に帝都人士の間にも頗る著名で旅情を味はう爲に来訪する者が常に絶えない、殊に錦山の名が示す如く紅葉季節に訪れゝば身を錦繍中に置くの美感があり、瀟洒たる白堊の小室が木立の間に點在し松籟恣なる大庭園は関東名勝の名に恥ぢない
         昭和九年発行「陸軍特別大演習記念写真集」より

 コココココココー、コココココココー
 欄干に 「錦山荘」 と刻まれた石橋を渡ると、立派な門が迎えてくれた。
 ここからのアプローチが楽しい。
 若葉の匂いいっぱいの緑のトンネルが、旅人を誘導してくれる。

 コココココココー、コココココココー
 また聞こえた。
 森の番人キツツキが、客人の到着を宿主に知らせているかのようだ。
 やがて、赤松林と竹林に囲まれた木立の奥に純和風の木造旅館が見えてきた。

 ここ観音山温泉は、大正4年から昭和初期までは 「清水鉱泉」 と呼ばれ、地元の人々に親しまれ賑わっていたらしい。
 昭和63年に再開発され、立派な展望露天風呂をもつ高崎市内唯一の温泉宿として新生した。

 浴室は昔ながらの丸木で組んだ、湯小屋風。
 敷地内に湧出する源泉は黄褐色をしているが、浴槽内はろ過されているため、にごりはない。
 無色透明のさらりとした湯に身を置くと、眼下には高崎市街地が一望に広がる。
 烏川越しに市役所が、その奥に群馬県庁舎を望み、借景として赤城山が浴室のフレームいっぱいに描かれる。
 高崎駅からわずか3キロ、あまりに身近な自然と静寂の存在に、あらためて感嘆した。

 春は筍、夏は鮎、秋は山芋、冬は豆腐と、季節の食材を取り入れた郷土料理が、部屋出しされる喜び。
 訪ねたのは春、自家竹林の筍料理をいただいた。
 箸を運ぶと、時折、ササササーと竹林を揺らして通り抜ける風の音が聞こえてきた。


 ●源泉名:錦山荘の湯
 ●湧出量:非公開 (自然湧出)
 ●泉温:15.4℃
 ●泉質:メタけい酸含有

 <2004年7月>
     

同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(最終回) 棚田を揺らして、風が谷を滑って行った。 (2020-04-19 11:46)
 源泉ひとりじめ(29) 旅情と人情が、山と盛られていた。 (2020-04-16 13:59)
 源泉ひとりじめ(28) 朝、イワツバメの声で目が覚めた。 (2020-04-13 11:34)
 源泉ひとりじめ(27) 大きな木のぬくもりに、抱きしめられた。 (2020-04-09 11:29)
 源泉ひとりじめ(26) 湯を浴みながら、月の光を浴びた。 (2020-04-06 11:15)
 源泉ひとりじめ(25) 女将の笑顔に、「また来ます」 と応えてた。 (2020-04-01 10:21)

この記事へのコメント
友人と今度泊まろうと思っていたのですが、現在休業中のようですね。
残念です。
Posted by マーベリック at 2020年01月14日 22:17
マーベリックさんへ

のようですね。
歴史的建造物としても貴重な宿ですので、再開を望む声が多いようです。
朗報を待ちましょう。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年01月15日 09:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(4) 緑のトンネルの中で、キツツキが出迎えてくれた。
    コメント(2)