温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月16日

ショートコラム 「旅のめっけもん」


 ブログ開設10周年を記念して現在、不定期にて掲載している 『源泉ひとりじめ』。
 2004年4月~2006年9月にわたり 「月刊ぷらざ」(ぷらざマガジン社) に連載された全30回を順次紹介しています。

 エッセイには、1話につき1編のショートコラムが併載されていました。
 温泉地や旅館で見つけた 「旅のめっけもん」 です。
 このコーナーでは、そんな旅で見つけたエピソードの数々を紹介いたします。
 エッセイと併せて、お楽しみください。



 ●旅のめっけもん 「筒描(つつがき)」

 「旅籠」 の館内を歩くと、藍色に染められたタペストリーが、所々に品良く飾られているのを目にする。
 これは 「筒描」 といわれる江戸時代の中頃より日本各地の紺屋で染められていた木綿布である。
 防染糊を筒に入れ、洒脱な図柄を自由奔放に描き、その文様を白揚げする。
 さらに、その中の細部の線を細い筒糊で縁取りしてから、顔料で絵画風に色挿しをしたものだ。
 この筒描は、婚礼のときにあつらえることが多く、嫁ぎゆく娘のための調度品として 「松竹梅」 や 「鶴亀」 などの吉祥文様が多く表された。
 蒲団や夜着、嫁ぎ先の家紋をあしらった風呂敷などに仕立てて、花嫁道具として持たせたという。
 <2004年4月 薬師温泉>


 ●旅のめっけもん 「木造校舎」

 国道17号から川古温泉へ向かう途中、高台に今では珍しい新築の木造校舎を見つけた。
 新治村立猿ヶ京小学校である。
 平成3年に景観条例に基づいて建設されたその美しい校舎は、新治村の伝統的建物である昔の養蚕農家を模した越屋根造り。
 校舎中央の多目的ホールには積雪加重を考慮した大断面集成材が使用され、ホール前の8本の丸柱は赤谷川源流から切り出された樹齢100年を越える地元産のスギが使われている。
 また、各教室の壁にもスギやカラマツを多用し、温かみのある素朴な空間に仕上がっている。
 鉄筋校舎の増築が進められている中、やわらかな感触を持ち、高い吸湿性等の優れた性質を備えた木造校舎の良さが、温かみと潤いのある教育環境づくりとして各方面から見直され始めている。
 <2004年5月 川古温泉>
 

同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん (最終回) (2020-04-21 11:41)
 旅のめっけもん⑫ (2020-04-11 12:14)
 旅のめっけもん⑪ (2020-04-03 11:43)
 旅のめっけもん⑩ (2020-03-26 11:43)
 旅のめっけもん⑨ (2020-03-17 14:25)
 旅のめっけもん⑧ (2020-03-10 11:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ショートコラム 「旅のめっけもん」
    コメント(0)