温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月17日

旅のめっけもん②


 ●旅のめっけもん 「道祖神(どうそじん)」

 道祖神は、「どうろくじん」 「さいのかみ」 などと呼ばれ、災厄の侵入を防ぐ神とされ、石像などに刻んで村境や辻に祀っている。
 また、子供の成長や子宝祈願の対象として、ほぼ全国に広く祀られている民間信仰の神である。
 中部地方から関東地方を中心とする地域では、この祭りとして小正月に火祭りを行うのが特徴である。
 特に猪ノ田のものは双体道祖神と呼ばれ、男女が仲良く酒を酌み交わしている珍しい 「酒器像」 が多い。
 正月十四日の夜には、子供たちが道祖神悪病除に回り、翌朝のどんどん焼で繭玉やスルメを焼いて食べる祭りが現在も残っている。
 <2004年6月 猪ノ田温泉>


 ●旅のめっけもん 「観音山のたぬき」

 『たぬきが時々、遊びに来ます。そっと見てください』
 展望風呂から庭を見下ろすと、そう書かれた看板とエサ場が目に付いた。
 ある春の夜のこと。
 部屋の床下から 「クンクン」 と動物の鳴く声がすると、宿泊客から苦情があった。
 野良犬が入り込んだのかと宿主が覗き込んでみると、それは、たぬきの親子だった。
 その後、餌づけに成功し、たぬきの一家は夜な夜な現れるようになった。
 が、たぬきの子どもは半年で親離れをしてしまうため、秋には親だぬきだけになってしまった。
 かれこれ5年が経つが、今でも時々、この夫婦だぬきは仲むつまじく観音山の奥の方から、けもの道を下りてやって来る。
 団地や道路の造成、観光やレジャー施設などの開発によって、住処(すみか) を追われているたぬきたち。
 もし運良く出合えたなら、湯舟の中から、そっと見守ってやってほしい。
 <2004年7月 高崎観音山温泉>


同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん (最終回) (2020-04-21 11:41)
 旅のめっけもん⑫ (2020-04-11 12:14)
 旅のめっけもん⑪ (2020-04-03 11:43)
 旅のめっけもん⑩ (2020-03-26 11:43)
 旅のめっけもん⑨ (2020-03-17 14:25)
 旅のめっけもん⑧ (2020-03-10 11:51)

この記事へのコメント
マロパパ先生

タヌキが訪問する宿に泊まりたい・・・・と、以前、先生のご著書で知った「洞元荘」(湯の小屋温泉)に行きたいと思い、お宿に電話をしてたのですが、つながらず・・・
閉館されたことを知り、とても残念でした。
お宿のそばまでは行ったことがあるのですが。
お宿を夜な夜な訪ねていたタヌキたちは、その後どうなったかなと気になっています。。
すばらしい立地で、ああ・・・行きたかったのに遅かった・・・と、当時夫とうなだれたのを思い出します。
タヌキやキツネのくる温泉地があったら、教えてください・・・・

ムク(イヌ族)より
Posted by ムク at 2020年01月20日 20:29
ムクさんへ

それは残念でしたね。
洞元荘も錦山荘も現在、閉館および休館中です。
タヌキたちも山へ帰って行ったそうです。

ところで自然界には上下関係があるようで、キツネ様が食事をしている間は、タヌキどもは遠巻きに見ていて、決して近寄りません。
キツネ様が食事を終えて山に帰ると、あわててエサに食らいつきます。
洞元荘では、そんな光景を、たびたび目撃しました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年01月21日 11:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅のめっけもん②
    コメント(2)