温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月19日

源泉ひとりじめ(7) 初めての宿なのに、思わず 「ただいま」 と言いたくなった。


 癒しの一軒宿(7) 源泉ひとりじめ
 川中温泉 「かど半旅館」 吾妻町(現・東吾妻町)


 「日本三美人の湯」 と刻まれた立派な石柱が立っている。
 三美人の湯とは、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯の川温泉、そしてここ川中温泉である。
 3つの温泉に共通している美肌作用の条件は、弱アルカリ性でナトリウム・カルシウムイオンを含むこと。
 これらが肌の表面にある皮脂と結びついて、洗浄作用をもたらすらしい。
 なかでも川中温泉はカルシウムイオンの量が多く、ベビーパウダーのような作用があるため、湯上がりのスベスベ感は群を抜いている。

 くしくも前の週、和歌山県の龍神温泉へ行って来たばかりだった。
 この歳になって、しかも男の私が 「美人の湯めぐり」 もないだろうが、今夏の猛暑に酷使された肌が癒されるなら、ありがたい。
 それも三美人の湯の中で、川中温泉だけが一軒宿だ。
 秘湯にのんびり浸かって、心まで癒されることにした。

 つづら折りの坂道の奥に、赤い屋根の木造旅館が現れた。
 ガラス窓越しに見える格子戸の連なりが、かつての湯治場のおもむを今に伝えている。
 初めての宿なのに 「ただいま」、そう言いたくなるような若女将の満面の笑顔に出迎えられた。

 通された部屋も、どこか懐かしさがある。
 木枠の窓に、回り廊下のある開放的な空間……。
 扇風機が自然の風を届けてくれる。
 近代的なホテルや大旅館では、とうに排除されてしまった素朴さには、一軒宿の名にふさわしい情緒がある。

 旅装を解いて浴衣に着替え、タオル一本片手に向かうは、源泉100%かけ流しの露天風呂。
 泉温が低いため、2つの湯舟のうち手前は、熱交換方式で加熱してある。
 交互に入るのが、本来の入浴法とのことだ。
 湯の花が漂うぬるめの源泉に身を置くと、目の前の雁ヶ沢川の瀬音が小気味よいリズムを刻んでいた。
 この川の中から温泉が湧出したことから名付けられた川中温泉。
 以前は川の中に湯舟があったというが、今でも川底を覗き込むと湯の花が漂っている。

 遠くで雷鳴が聞こえた。
 ひと雨、来そうである。
 ならば山あいに煙る雨を眺めながら、湯上がりのビールをいただくのも、旅の一興である。


 ●源泉名:美人の湯
 ●湧出量:108ℓ/分(自然湧出)
 ●泉温:35℃
 ●泉質:カルシウム-硫酸塩温泉

 <2004年10月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(最終回) 棚田を揺らして、風が谷を滑って行った。 (2020-04-19 11:46)
 源泉ひとりじめ(29) 旅情と人情が、山と盛られていた。 (2020-04-16 13:59)
 源泉ひとりじめ(28) 朝、イワツバメの声で目が覚めた。 (2020-04-13 11:34)
 源泉ひとりじめ(27) 大きな木のぬくもりに、抱きしめられた。 (2020-04-09 11:29)
 源泉ひとりじめ(26) 湯を浴みながら、月の光を浴びた。 (2020-04-06 11:15)
 源泉ひとりじめ(25) 女将の笑顔に、「また来ます」 と応えてた。 (2020-04-01 10:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(7) 初めての宿なのに、思わず 「ただいま」 と言いたくなった。
    コメント(0)