温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使
群馬県立歴史博物館「友の会」運営委員



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月22日

宇宙生物 “ケサランパサラン” 現る!?


 以前、ブログで 「ケセランパセラン」(ケサランパサランとも呼ぶ) について触れたところ、読者からのコメントをはじめ、友人知人からもたくさんの情報が寄せられました。
 ありがとうございました。

 それらによると、以下の3つのことが判明しました。
 ①不思議なネーミングは、東北地方の方言であること。
 ②大正時代には、すでに飼育されていたこと。
 ③ブームの火付け役は、新聞記事だったこと。


 ということで、ブームの発端となった新聞記事のコピーを入手しましたので、全文を紹介します。


 おしろい食う“宇宙生物”?
 宮城のお寺 箱の中 60年繁殖

 一見、タンポポのようで、虫かも知れないというナゾの生物が、宮城県・小牛田町の孝勝寺別院に大正年間から伝わるキリの箱(十センチ四方) の中で“繁殖” していることがわかり、近く東北大に依頼して、動物か植物か、その正体をつきとめることになった。
 土地の言葉で 「空から飛んできた得体の知れないもの」 という意味の 「ケサランパサラン」 と名付けられているこの生物=(写真)。
 一、二センチの長さの綿毛に包まれ、中心部に口と思われる黒い点がある。
 大正七年秋、二体がもつれ合うように本堂に飛来したのを先代住職がとらえて箱にしまった。
 以来、家宝のように扱われてきたが、最近箱に入れてあったおしろいが減っているところからこれを食べていたらしいが、水もない真っ暗な箱の中でなぜ増えたのか、ナゾだらけ。
 宇宙の生物かも。
 <昭和52年(1972) 7月8日 読売新聞22面より>


同じカテゴリー(謎学の旅)の記事
 ようこそ殺人現場へ② もう1つの墓 (2020-12-15 15:08)
 忠治が呑んだ酒 (2020-10-03 12:44)
 殺害現場はココだ! (2020-09-29 12:13)
 宮子の浦島太郎 (2020-09-27 12:01)
 うれしたのしトリビア会議 (2020-09-10 11:49)
 殺人事件の被害者が神になるとき (2020-09-04 11:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宇宙生物 “ケサランパサラン” 現る!?
    コメント(0)