温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月24日

源泉ひとりじめ(9) 湧き出る泉に、青い鳥が舞い降りた。


 癒しの一軒宿(9) 源泉ひとりじめ
 野栗沢温泉 「すりばち荘」 上野村


 「二日酔いしないから」 と、ご主人がコップに注いだ源泉を口に含むと、かなり塩辛い。
 高濃度の塩化物泉だ。
 成分が海水に近いからだろうか、この温泉を飲みに、渡り鳥がやって来るという。
 遠く東南アジアの極限られた地域に分布するという、美しい羽を持つ鳥……。
 ひと目会いたくて、翌朝は早起きをすることにした。

 宿から500メートルほど栗沢川沿いを行った上流に、「すりばち分校跡」 の碑が立っている。
 この分校の名を知っている人もいると思う。
 昭和23年から47年の24年間にわたり、ここ上野村野栗沢分校の代用教員として赴任した山田修先生の奮闘着は、NHKのラジオにもなり、数々の著書と共に全国的に分校の名を有名にした。
 その名の通り空を仰ぐと、四方を山に囲まれた 「すりばち」 のような地形であることが分かる。

 宿のご主人は山田先生の教え子で、すりばち分校を日本各地から訪れる人たちのためにと、昭和58年に旅館 「すりばち荘」 を開業した。
 もともとこの地に棲む動物たちが傷を癒していたという良質の温泉も、ご主人が山からパイプで引いてきたものだ。

 旅館の浴室に入ると、ヒノキの香りに包まれた。
 肌に張りつくような柔らかな湯は、不思議とのぼせることなく長湯ができる。
 ヒノキ風呂の隣に、冷鉱泉の源泉がかけ流しされている浴槽がある。
 「下半身だけ浸かれば、体がポカポカと温まってくる」 と言われたが、あまりの冷たさに今回は遠慮した。

 夕食は渡り廊下で、別棟の食事処へ。
 大きな天然木のテーブルでいただく食事は、どれも野趣に富んでいる。
 にんじん、ごぼう、こんにゃくの煮物や、みょうがの天ぷら、なすのおひたし、岩魚の塩焼きと、山の一軒宿ならではの素朴な料理が並ぶ。

 秘伝の味噌でいただく上野村特産のイノブタ鍋の肉も、温泉に浸してから調理されるので思ったよりも柔らかい。
 残りの汁に、地粉を温泉水でこねあげた手打ちうどんを入れれば、これ以上のご馳走はない。
 でも何よりのご馳走は、話好きのご主人と楽しい団らんのひと時を持てたことだった。


 ●源泉名:子宝の湯
 ●湧出量:非公開(自然湧出)
 ●泉温:15℃
 ●泉質:ナトリウム-塩化物冷鉱泉

 <2004年12月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(15) 和みの風が、湖面を渡っていった。 (2020-02-18 11:51)
 源泉ひとりじめ(14) みどり色の湯のなかで、満天の星を仰いだ。 (2020-02-14 11:15)
 源泉ひとりじめ(13) ゴボゴボと音をたてて、良質の湯が吹き出していた。 (2020-02-11 12:28)
 源泉ひとりじめ(12) 山あいの離れ家で、瀬音の子守唄を聴いた。 (2020-02-09 11:48)
 源泉ひとりじめ(11) 「神の啓示だった」 と、泉主は言った。 (2020-02-02 10:58)
 源泉ひとりじめ(10) 万華鏡のように、湯の色が変わった。  (2020-01-30 11:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(9) 湧き出る泉に、青い鳥が舞い降りた。
    コメント(0)