温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月26日

旅のめっけもん③


 ●旅のめっけもん 「入浴熊」

 昭和25年頃、親を亡くしたまだ目も開かない2頭の子熊を、宿主が手塩にかけて育てあげたのが、熊との出合いだった。
 ある夏の盛りのこと。
 子熊を露天風呂へ連れて行くと、最初は前足でピチャピチャとお湯をたたいて面白がっていたが、そのうちスーッと温泉に入って泳ぎ出したという。
 それから熊と一緒に温泉に入ると、泊まり客がびっくりするやら、喜ぶやらで大騒ぎとなった。
 やがて、露天風呂に入る 「入浴熊」 のうわさは広まり、当時、テレビや新聞、雑誌等に取り上げられ宝川温泉は千客万来の大盛況となった。
 現在は条例により禁止されているため熊は入浴できないが、今でも敷地内の熊園で5頭の熊たちが客を出迎えてくれる。※(現在、熊園はありません)
 <2004年8月 宝川温泉>


 ●旅のめっけもん 「ざる豆腐」

 ひとさじ口に含んで、まず自分の舌を疑った。
 もうひとさじ、口へ……。
 ほんのり甘く、濃厚な大豆のコクと風味が、口の中いっぱいに広がった。
 薬味が添えてあるが、最後までしょう油を使わずに食してしまった。
 宿で夕食に出た 「ざる豆腐」 である。
 何とも言えぬ、なめらかな口当たり、芳醇な味わいが後を引く。
 これは何が何でも土産に買って帰りたいと思い、製造元を教えてもらった。
 国道からサエラスキー場へ抜ける道すがらにある 「尾瀬ドーフ」 の店内では、先客が数名、手作り生豆腐を食べていた。
 ジャムや黒蜜を添えれば、ヨーグルト感覚のデザートになる不思議な豆腐だ。
 お目当てのざる豆腐も、一人用から十数人用とサイズがいろいろあり、家族の人数によって選べるのがうれしい。
 片品の大地と湧き水が作った自然の味は、まさに旅のめっけもんとして、その日の我が家の食卓まで運ばれた。
 <2004年9月 座禅温泉>


同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん⑥ (2020-02-16 11:54)
 旅のめっけもん⑤ (2020-02-07 11:55)
 旅のめっけもん④ (2020-02-03 11:57)
 旅のめっけもん② (2020-01-17 10:47)
 ショートコラム 「旅のめっけもん」 (2020-01-16 12:22)

この記事へのコメント
ご無沙汰している間にマロ君はお空に行ってしまったのですね。
マロ君、お父様とお母様と一緒にいるかしら。
大当たりの福引きの景品でしたね。
楽しませてくれてありがとうございました。
Posted by 優・寛の母さん at 2020年01月26日 23:36
優・寛の母さんさんへ

ありがとうございます。
昨年は本当に、別れの多い年でした。
オヤジがオフクロを連れて行き、オフクロがマロを連れて行ってしまいました。
でもマロは天国へ行く間際に、約束してくれたんですよ。
「オイラ、また福引きの賞品になるから、当ててくださいね」 って。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年01月27日 16:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅のめっけもん③
    コメント(2)