温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月29日

上牧温泉 「辰巳館」⑧


 今さら辰巳館については、語ることはないのですが……

 大正時代に初代が温泉を発見した上牧温泉で最も古い旅館であること。
 源泉は弱アルカリ性で、昔から 「化粧の湯」 と呼ばれ美肌効果があること。
 「裸の大将」 で知られる山下清画伯が滞在して、浴室に大壁画を描き残した宿であること。
 などなど、復習の意味も込めて、バスの中でスピーチをさせていただきました。

 昨日は、NHK文化センターの野外温泉講座日でした。
 僕は講師を11年務めています。
 上牧温泉(みなかみ町) の老舗旅館 「辰巳館」 を訪れるのは、この講座では3回目となります。

 昨年実施した受講生への 「もう一度行きたい温泉旅館」 のアンケートでも一番人気の宿です。
 ということで、リクエストにお応えして2020年新春第1回目の講座は、辰巳館に決りました。


 人気の理由は、湯の良さもさることながら 「献残焼(けんさんやき)」 と呼ばれる料理にあります。
 雪深い上越地方に伝わる郷土料理で、高貴な方に献上した物のおすそ分けを焼いて食べたことから名付けられたといいます。
 また昔、上牧では上杉と武田の豪族の戦いが長いこと続いたといわれ、武士が夕焼けの空を背に山菜や川魚を剣に刺して、焚き火にかざして焼いたからともいわれています。
 赤々と燃える炭火の上で、串に刺した川魚や地鶏、旬の野菜を焼いていただきます。

 辰巳館には、大切にしている 「三温」 と呼ぶ3つの “温もり” があります。
 人の温もり、湯の温もり、そして、この旬を食す炭火の温もりです。


 「かんぱーい!」
 「今年もよろしくお願いしまーす!
 湯上がりに地ビールを呑みながら炭火を囲んで新春の宴が始まりました。

 受講生のみなさん、よろしくお願いいたします。
 今年も名湯・秘湯をたくさんめぐりましょうね!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑬ (2020-01-10 16:44)
 馬頭温泉 「南平台温泉ホテル 観音湯」 (2019-12-18 16:11)
 宝川温泉 「汪泉閣」⑦ (2019-12-11 21:58)
 うのせ温泉 「旅館 みやま」③ (2019-12-04 11:29)
 霧積温泉 「金湯館」⑨ (2019-12-01 12:01)
 高原千葉村温泉 「高原千葉村」④ (2019-11-16 11:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
上牧温泉 「辰巳館」⑧
    コメント(0)