温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月30日

源泉ひとりじめ(10) 万華鏡のように、湯の色が変わった。 


 癒やしの一軒宿(10) 源泉ひとりじめ
 鳩ノ湯温泉 「三鳩樓(さんきゅうろう)」 吾妻町(現・東吾妻町)


 <鳩に三枝(さんし) の礼(れい) あり
  烏(からす) に反哺(はんぽ) の孝(こう) あり>
 ハトは親鳥より三本下の枝に止まり、カラスは親鳥が年をとるとエサを口に含ませると伝えられている。

 その昔、傷ついたハトが自然に湧き出る湯につかって、傷を癒やしていた。
 それを見て温泉の効能を知った村人が、「鳩ノ湯」 と名付けたという。
 屋号 「三鳩樓」 の名は、前述の礼儀と孝行を重んじる教え 「三枝の礼」 に由来する。

 樹齢二百年を超えるモミジの老木が出迎える玄関からして、おもむきがある。
 館内に入ると、江戸時代より栄えた奥上州の湯治場の面影を残すように古い柱時計や囲炉裏、黒光りする年代物の箪笥(たんす) が目につく。
 フロントには 「三鳩樓帳場」 なる達筆な文字看板が……
 この時点で、私は完全に “たびびと” となった。

 純和風の客室に通され、旅装をとけば、目的は一つ。
 源泉ひとりじめ、である。
 その源泉 「鳩の湯」 には、本館から長い長い渡り廊下を下って行く。
 まずは総ヒノキ造りの内風呂へ。
 茶褐色のにごり湯は、熱からずぬるからず、丁度よい加減だ。
 手で湯をすくい上げると、何種類もの異なる湯の花が溶け込んでいるのが分かる。
 黒い炭のような固まりは、手のひらでこすると墨滴のように湯の中に散っていった。

 公私共に忙殺された、あわただしかったここ数週間の日々を回想していた。
 温泉好きのくせして、カラスの行水の私が、たっぷり1時間は湯につかっていた。

 翌朝、浴室に行って驚いた。
 湯の色が茶褐色から鮮やかなカーキ色に変わっていたのだ。
 湯舟の中には、昨晩見た炭のような浮遊物も見あたらない。
 このことを宿の主人に告げると、「天候によっては無色透明になることもある」 と、当たり前のように応えた。

 自然の条件により色が変わる湯……
 しかし、これが本来の天然温泉の色である。
 どこかの温泉のように入浴剤など投入せず、ありのままの自然の色を享受すればいいのである。
 次に訪れる時の “色” が、楽しみになった。


 ●源泉名:鳩の湯
 ●湧出量:28.7ℓ/分(動力揚湯)
 ●泉温:44.1℃
 ●泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

 <2005年1月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(15) 和みの風が、湖面を渡っていった。 (2020-02-18 11:51)
 源泉ひとりじめ(14) みどり色の湯のなかで、満天の星を仰いだ。 (2020-02-14 11:15)
 源泉ひとりじめ(13) ゴボゴボと音をたてて、良質の湯が吹き出していた。 (2020-02-11 12:28)
 源泉ひとりじめ(12) 山あいの離れ家で、瀬音の子守唄を聴いた。 (2020-02-09 11:48)
 源泉ひとりじめ(11) 「神の啓示だった」 と、泉主は言った。 (2020-02-02 10:58)
 源泉ひとりじめ(9) 湧き出る泉に、青い鳥が舞い降りた。 (2020-01-24 10:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(10) 万華鏡のように、湯の色が変わった。 
    コメント(0)