温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年01月31日

パズルに夢中 ~おかげさまで20年~


 実は僕、パズラーなんです。
 しかも、「作る」 と 「解く」 の両刀です。

 2000年2月から高崎市内に配布されている 『TAKATAI (タカタイ)』(上毛新聞社) という生活情報紙に、「漢字熟語パズル」 を毎週連載しています。
 今月で、連載開始から丸20年になりました。
 その間に作ったパズルの数は、903回!
 まさか、こんなにも続くとは思ってもいませんでした。

 僕が作っている漢字熟語パズルは、オリジナルです。
 隔週で交互に、“二字” と “四字” の漢字熟語が入れ替わります。
 このスタイルに決るまで、1年の企画・構想期間を費やしています。
 生みの苦しみから実現した、パズル連載でした。


 思えば僕は、子どもの頃からパズル好きな少年でした。
 一番のお気に入りはクロスワードパズルですが、今でも新聞や雑誌で見つけると、何よりも真っ先に解き出します。
 難しければ難しいほど、燃えるんですね!
 考えて、考えて、どうしても答えを導けないときは、素直に負けを認めて、辞書やネット検索にたよることもありますが、できれば、そんなことはしたくない!

 だって、僕は作る側の人間でもあるからです。
 作る側は、読者に “勝負” を挑んでいるからです。
 「さあ、解けるものなら解いてみろ!」 ってね。

 それゆえ、解けたときの優越感はひとしおであります。


 最近、夢中になっているパズルがあります。
 「数独」 です。
 ナンプレともいいますが、81マスのタテヨコ1~9までの数字を揃えるパズルです。
 最初は何がなんだか分からないのですが、初級編からコツコツとあきらめずに挑戦していくと、だんだんと解くコツが分かってきます。

 現在は、上級編に日々挑んでいます。
 酒を呑みながら始めると、ついつい夜更かしをしてしまうため、量も増え、睡眠不足になるのが目下、悩みのタネであります。


 スマホ時代に、かなりアナログの趣味ですが、みなさんも始めてみませんか?
 ハマリますよ!

 ゲームもいいけど、パズルもね。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 ブログ開設10周年 (2020-02-12 10:40)
 おかげさまで2,500話 (2019-10-30 11:52)
 謎を解く館 (2019-10-26 19:34)
 ネギを描く (2019-08-31 12:41)
 ゼロ市町村と平成温泉 (2019-08-05 19:47)
 掌編小説 <浅田晃彦・選> (2019-05-21 15:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パズルに夢中 ~おかげさまで20年~
    コメント(0)