温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月02日

源泉ひとりじめ(11) 「神の啓示だった」 と、泉主は言った。


 癒やしの一軒宿(11) 源泉ひとりじめ
 五色温泉 「三楽旅館」 伊勢崎市


 県道を通るたび、いつも気になっていた。
 物見やぐらのように屋上高くそびえる貯水タンク、異彩を放つ唐破風の瓦葺き屋根をもつ玄関。
 さらに大きく書かれた 「五色温泉」 の文字……。
 私には、まるで伝奇の中に現れる魔宮の楼閣に見えていた。
 人づてに聞けば、「市街地の秘湯」 だという。

 伊勢崎市街地の東端、工業団地に隣接した立地条件は、あまりにも “秘湯” のイメージからかけ離れている。
 しかし必ずしも秘湯は、深山幽谷の風光明媚な地になくてはならないわけではない。
 読んで字のごとく、「人に知られていない温泉」 のことである。

 結界に足を踏み入れた気分だった。
 「ごめんください」 と声をかけるが、フロントに人の姿がない。
 呼び鈴を押すと、しばらくして “泉主” が現れた。
 さっそく、温泉の起源や効能の高説を拝聴することになった。

 昭和42年のこと。
 もともと自動車の修理販売業をしていた主人が、中古車の展示場を開設するつもりで購入したのが、ここの土地だった。
 まずは水が必要と、井戸を掘ったところ、湧き出したのは鉄分を多量に含んだヘンな水だった。
 しかし、主人は 「これは天啓だ」 と、この水を溜めて加熱した。
 すると透明な源泉が白濁色から黄土色に変色した。
 さらに茶色から赤レンガ色へと、五色に色を変えた。
 これが温泉名の由来である。

 その “天啓の湯” は、地下道のような廊下の突き当たりにあった。
 一歩足を踏み入れて、驚いた。
 浴槽もタイル張りの床も、鉄サビで赤褐色に染まっている。
 伊香保温泉の5倍の含有量にあたる鉄分を目の当たりにした。

 湯舟はレンガ色のあつ湯42度、茶褐色のぬる湯36度、透明な源泉17度に分かれている。
 これらを交互に入ると、より効能があるらしい。
 鉄のにおいを嗅ぎながら、まずは肌まで染まりそうな赤い湯の中へ。
 体を動かすたびに沈殿している鉄サビが、舞い上がってくる。
 まるで大地に抱かれているようで、不思議な安堵感に包まれてゆく。

 まさに温泉は地球からの贈り物である。
 こんな町の中に突如湧き出したのも、やはり神の啓示だったのだと納得した。


 ●源泉名:宏泉の湯
 ●湧出量:40ℓ/分 (動力揚湯)
 ●泉温:16.7℃
 ●泉質:単純鉄冷鉱泉

 <2005年2月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(15) 和みの風が、湖面を渡っていった。 (2020-02-18 11:51)
 源泉ひとりじめ(14) みどり色の湯のなかで、満天の星を仰いだ。 (2020-02-14 11:15)
 源泉ひとりじめ(13) ゴボゴボと音をたてて、良質の湯が吹き出していた。 (2020-02-11 12:28)
 源泉ひとりじめ(12) 山あいの離れ家で、瀬音の子守唄を聴いた。 (2020-02-09 11:48)
 源泉ひとりじめ(10) 万華鏡のように、湯の色が変わった。  (2020-01-30 11:49)
 源泉ひとりじめ(9) 湧き出る泉に、青い鳥が舞い降りた。 (2020-01-24 10:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(11) 「神の啓示だった」 と、泉主は言った。
    コメント(0)