温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月03日

旅のめっけもん④


 ●旅のめっけもん 「おっきりこみ」

 縁側のある和室で、大女将がうどんを打っていた。
 来年、傘寿を迎えるとは思えない若々しさ。
 とりわけ肌の張りと艶は、大正生まれとは、とても思えない。
 やはり、温泉の美肌効果の恩恵なのだろうか。
 「顔は心の遊びどこ……、ここに美人がいるわけじゃないよ。わたしは心の美人だよ」
 そう言って、快活に笑ってみせた。
 地元農家で採れた小麦をひいて粉にして、清水でねる。
 寝かして、なじませ、手で打つ。
 「小さい時から子守をしながら、うどんをぶって (打って) たからね。かれこれ70年は、ぶってるよ」
 かど半旅館に嫁いで、50年。
 大女将の打つ 「おっきりこみ」 は、いつしか宿の名物になっていた。
 その味を、現在は息子さんが継いでいる。
 いんげん、にんじん、里いも、なす、みょうが……
 採りたての野菜が10種類も入った自然度100%のおっきりこみが、夕げの膳におふくろの味を添えていた。
 <2004年10月 川中温泉>


 ●旅のめっけもん 「索道(さくどう)」

 草津へ向かう国道から狭い急坂を下ると、左手に平地の駐車場がある。
 ここが湯の平温泉の玄関口だ。
 人はここで車を降り、徒歩で山道のアプローチを行くことになる。
 まず到着したら、駐車場脇のインターホンを押してみよう。
 宿の人の声がして、歓迎の言葉と、荷物の有無を訊いてくれる。
 その後の山歩きを考えれば、多少の荷物でも預けたほうが良いだろう。
 で、その荷物は……。
 駐車場の奥にあるロープウェーの荷台に乗せると、ひと足先に宿に着いているという仕組み(サービス) である。
 これは架空索道と呼ばれる鋼索(ワイヤーロープ) に搬器を吊るして物を運搬する設備で、鉱業や林業など深山での作業には欠かせない運材施設である。
 戦時中、ここ入山地区には鉄山があり、湯の平は採掘を請け負った軍需会社の保養宿舎だった。
 索道も、その頃に造られたらしい。
 今春、内風呂が真新しくリニューアルした。
 工事に使用したすべての資材は、この索道により運ばれた。
 <2004年11月 湯の平温泉>


同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん⑥ (2020-02-16 11:54)
 旅のめっけもん⑤ (2020-02-07 11:55)
 旅のめっけもん③ (2020-01-26 11:27)
 旅のめっけもん② (2020-01-17 10:47)
 ショートコラム 「旅のめっけもん」 (2020-01-16 12:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅のめっけもん④
    コメント(0)