温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月07日

旅のめっけもん⑤


 ●旅のめっけもん 「アオバト」

 宿から3kmほど入った山の中。
 巨岩の間から、温泉が湧き出ていた。
 ご主人が造った観察小屋の中で、息を殺して待つこと1時間……。
 かすかな羽音がした。
 1羽、2羽……と数えようとした瞬間だった。
 突如、バタバタバタ、バタバタバタと激しい疾風が起こり、あっという間に目の前の泉が、何十羽という鳥の群れで覆われていった。
 その光景に、しばし呆気にとられていた。
 全身が緑色で、羽根のあたりがワイン色に赤い。
 胸元が黄色いところから、地元では 「キバト」 とも呼ばれている。
 その鮮やかな極彩色の容姿は、どう見ても南国の鳥である。
 海岸の岩礁に飛来して、海水を飲むことで知られる鳥だが、ここでは、しきりに温泉を飲んでいる。
 野栗沢に姿を見せるのは、5月から10月の半年間。
 冬期は温暖地へ移動する。
 1~2分間隔で群れは飛び立ち、入れ替わり別の群れがやって来る。
 まるでリーダーがいて、交替の合図を送っているかのようだ。
 5、6回繰り返されたところをみると、数百羽のアオバトの群れに囲まれていたことになる。
 小屋から出ると、周辺に淡緑色の羽根が散在していた。
 青い鳥に出合えた記念に、一枚もらって帰ることにした。
 <2004年12月 野栗沢温泉>


 ●旅のめっけもん 「仙人窟 (せんにんくつ)」

 関所跡のある 「大戸」 の信号から、県道を中之条方面へわずかに向かった左手。
 「仙人窟」 の矢印に誘われて、長い参道を上り始めた。
 たかだか200mの道程だが、あまりの急登に息が切れる。
 突然現れた洞窟は、入口の高さ8m、幅14m、奥行26m。
 魔物が大口を開けて、私を飲み込もうとしているかのように立ちはだかった。
 たしかに仙人でも住んでいそうな岩屋である。
 仰ぎ見上げていると、その巨石が覆いかぶさってくる恐怖心にかられる。
 一説には先住民族の穴居の跡ともいわれているが、洞内には江戸時代の修行僧が造ったとされる石像の十八羅漢や聖観世音像が安置されている。
 手前の分岐を左に行くと、ポッカリと岩肌に穴のあいた石門をくぐる。
 胎内窟を通り抜け、突き当たったところに 「奥の院」 と呼ばれる復窟がある。
 耳をすますと、真下を流れる温川(ぬるがわ) の瀬音が仙人窟に谺(こだま) している。
 往時の、信仰の盛んなりし頃を物語っているようである。
 <2005年1月 鳩ノ湯温泉>
 

同じカテゴリー(旅のめっけもん)の記事
 旅のめっけもん⑥ (2020-02-16 11:54)
 旅のめっけもん④ (2020-02-03 11:57)
 旅のめっけもん③ (2020-01-26 11:27)
 旅のめっけもん② (2020-01-17 10:47)
 ショートコラム 「旅のめっけもん」 (2020-01-16 12:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
旅のめっけもん⑤
    コメント(0)