温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月09日

源泉ひとりじめ(12) 山あいの離れ家で、瀬音の子守唄を聴いた。


 癒しの一軒宿(12) 源泉ひとりじめ
 下仁田温泉 「清流荘」 下仁田町


 紅梅が咲いていた。
 冬木立の中で、そこだけ明かりが灯っているようだった。
 橋の向こうに、宿が見えた。
 田舎の親戚を訪ねるみたいで、なんだか懐かしい気持ちになった。

 通された離れの部屋に荷物を置いて、まずは7,000坪という広大な敷地を散策することにした。
 滝や流れが配された美しい庭園内に、本館と離れ、浴室棟、露天風呂が点在し、それらをつなぐ渡り廊下が池のまわりを半周する。
 どこに居ても、やさしい水の音が聴こえてくる。

 宿の裏手にまわると、ただならぬ気配が……
 イノシシがいる、シカがいる、キジがいる!
 ここが名物 「猪鹿雉(いのしかちょう)料理」 の食材飼育園のようだ。
 シカのつぶらな瞳と目が合ってしまった。
 食べる前に会わないほうが良かったかも……と少し後悔をした。

 たっぷり1時間は歩いた。
 疲れた体を癒やすべく、まずは露天風呂へ。
 巨石を積んだ野趣あふれる豪快な造りだ。
 脱衣所も石の上に籠が置いてあるだけ、というのが開放的でいい。

 湯舟の縁に白く鍾乳石のような固まりが付着しているのは、カルシウム含有量が多い証拠だ。
 湯は無色透明だが、ほんのりと化粧乳液のような香りがする。
 アルカリ性のカルシウムイオンが、皮膚の角質をやわらかくして、しっとりとした肌になるという。

 個人的には、この気泡が肌に付く炭酸泉がありがたい。
 ヨーロッパでは「心臓の湯」 といわれ、毛細血管を広げて心臓に負担をかけずに血圧を下げる効果があるという。
 高血圧ぎみの私としては、家にまで持って帰りたいような湯である。

 夕げの膳は、離れまで部屋出しされた。
 広い庭内を電気カートで配膳してくれる労に頭が下がった。
 ボタン鍋やキジのお吸い物などの猪鹿雉料理に加え、下仁田ねぎのかき揚げ、こんにゃくの刺し身、コイのあらい、ヤマメの炭火焼と、山と里のものに徹底してこだわった味は、最後まで飽きることなく、箸と酒がすすんだ。

 やがて炬燵(こたつ) のぬくもりの中で、瀬音を聴きながら眠りについた。


 ●源泉名:清流の湯
 ●湧出量:測定不能(自然湧出)
 ●泉温:12℃
 ●泉質:含二酸化炭素-カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉

 <2005年3月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(15) 和みの風が、湖面を渡っていった。 (2020-02-18 11:51)
 源泉ひとりじめ(14) みどり色の湯のなかで、満天の星を仰いだ。 (2020-02-14 11:15)
 源泉ひとりじめ(13) ゴボゴボと音をたてて、良質の湯が吹き出していた。 (2020-02-11 12:28)
 源泉ひとりじめ(11) 「神の啓示だった」 と、泉主は言った。 (2020-02-02 10:58)
 源泉ひとりじめ(10) 万華鏡のように、湯の色が変わった。  (2020-01-30 11:49)
 源泉ひとりじめ(9) 湧き出る泉に、青い鳥が舞い降りた。 (2020-01-24 10:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(12) 山あいの離れ家で、瀬音の子守唄を聴いた。
    コメント(0)