温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月10日

だからなんだと思うのは僕だけだろうか?


 物の価値観は人それぞれですから、僕がとやかく言うことではないのでしょうが、「車なんて動けばいい」 くらいにしか思っていない僕にとっては、なんとも信じがたい話を聞きました。


 その男性(30代) は、超が付くほどの高級外車を乗っています。
 先日、市内の某ショッピングモールに駐車したときのことです。
 彼の車の横を、自転車に乗った少年(小学生) が通り過ぎました。

 バサッ!
 運転席に乗っていた彼は、とっさに車外に出て、少年を呼び止めました。
 「おい、待て! ミラーに当たったぞ!」

 彼の話によれば、少年が車の横を通り抜ける際に、ジャンパーの裾がミラーに接触したのだと言います。
 少年を待たせ、ミラーを確認すると、わずかですが傷が確認できました。
 ジャンパーのファスナーの金属部分が当たったようです。


 さて、この後、どうなったでしょうか?
 僕には、到底信じられない展開となります。

 なんと、彼は警察を呼びました。
 そして事故調書を書かせ、少年の親を呼び、修理をさせたといいます。


 「そこまで、しましたか?」
 の僕の問いに、
 「俺、車をすごく大切にしているんですよ」
 と彼は答えました。

 人それぞれ、物の価値観が異なることは分かっていますが、僕にとっては 「だからなんだ」 という程度の事柄なので、なんとも後味の悪い会話となってしまいました。

 そんなに大切な車ならば、乗り回さないで、家の中で大切に保管しておけばいいのにね(笑)
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 スマホをやめただけなのに (2020-02-17 11:33)
 人の中の仙人 (2020-02-15 11:54)
 終われない人 (2020-02-13 12:00)
 円のない縁 (2020-01-25 14:06)
 次は誰が着るのだろう (2020-01-13 11:44)
 過去の正夢 (2020-01-03 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
だからなんだと思うのは僕だけだろうか?
    コメント(0)