温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年02月13日

終われない人


 <定年って生前葬だな。>
 そんなショッキングな書き出しから物語は始まります。


 遅ればせながら、映画にもなり大ヒットした内館牧子著 『終わった人』(講談社文庫) を読みました。
 大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられ、そのまま定年を迎えた63歳の男が主人公です。
 まだ60代は、頭も体も元気だ。
 なのに、ある日突然、“終わった人” となってしまう。

 それが 「定年」 だという。

 仕事一筋だった彼は途方に暮れ、生きがいを求め、居場所を探して、迷い惑い、あがき続けます。
 彼と僕は同世代。
 ただ違うところは、僕は 「定年」 のない人生を送っています。
 それでも読んでいて、他人事とは思えないんですね。
 家族や社会から、だんだんに “不要” とされているんではないかという恐怖心はありますから……。


 著者は、あとがきで、こんなことを書いています。
 <定年を迎えた人たちの少なからずが、「思いっきり趣味に時間をかけ、旅行や孫と遊ぶ毎日が楽しみです。ワクワクします」 などと力を込める。むろん、この通りの人も多いだろうが、こんな毎日はすぐに飽きることを、本人たちはわかっているはずだ。だが、社会はもはや 「第一線の人間」 として数えてはくれない。ならば、趣味や孫との日々がどれほど楽しみか、それを声高に叫ぶことで、自分を支えるしかない。>
 こういう男を主人公にした小説を書きたいと思ったといいます。

 でも、ちょっと、待って!
 そのイメージって、かなり “老人” なんですよね。
 そして、そこが問題なんです!

 イメージと現実のギャップに、60代は苦しんでいるわけです。


 小説を読み終わって感じたことは、ひとこと 「うらやましい」 であります。
 確かに、やる事のない日々は苦痛かもしれないけど、それでも生きてはいられるのですから。
 世の中には、終わっても生きていける人と、終わった時点で生前葬ではなく、本葬が待っている人がいるということです。
 悲しいかな、僕は後者です。


 内館さん、ぜひ続編は、『終われない人』 を書いてください。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 スマホをやめただけなのに (2020-02-17 11:33)
 人の中の仙人 (2020-02-15 11:54)
 だからなんだと思うのは僕だけだろうか? (2020-02-10 11:42)
 円のない縁 (2020-01-25 14:06)
 次は誰が着るのだろう (2020-01-13 11:44)
 過去の正夢 (2020-01-03 11:14)

この記事へのコメント
女バージョンも検討していただっきたい

いくつになっても突っ走る女もいるわけで、でも男性の方が絵になるし売れるのかな本が

弟子入りした先生には 
「温泉県のために動けばいい」 「母親以外の仕事がある」
と咤激励していただき、目標は専業主婦ですとなかなか言いずらい日々(笑)
Posted by ぴー at 2020年02月14日 11:32
ぴーさんへ

ですよね。
圧倒的に女性のほうが “終われない人” が多いと思います。
ぴーさんが目標とする専業主婦だって、エンドレスの人生です。

僕の夢は、温泉の中で息絶えることです。
その時は、温泉葬でお願いします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年02月15日 10:57
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
終われない人
    コメント(2)