温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月03日

自粛いたします


 「先生、大変申し訳ないのですが……」
 「もしかして?」
 「ええ……」

 電話の主が、高崎市の某公民館だと分かった瞬時、「やっぱり!」 と確信しました。
 新型コロナウイルスの感染を懸念した講演会の中止連絡です。


 政府の通達により、今週から全国の小中高校が臨時休校を始めました。
 またディズニーランドをはじめ大型レジャーランドの休園、演劇やミュージシャンのライブ公演なども、軒並み中止となっています。
 さらに街中からはマスクが消え、ネットのデマによるトイレットペーパーの買いだめに奔走する国民たち……

 今、世の中には東日本大震災以来の “自粛ムード” が広がっています。
 しかも今回は、日本だけではありません。
 世界規模の自粛であります。
 だもの、一地方都市の小さな公民館で開かれる無名のライターによる講演会なんて、当然のように消えてなくなります。


 いつ、連絡が来るだろうか?

 先週あたりから僕は万全の言い訳や回避手段を算段して、その電話を待っていました。
 まずは、「無観客でやりましょう!」 と言うつもりでした。
 壇上には、講師ひとり。
 公民館の職員がカメラで撮影して、ネット配信します。

 でも、これには、かなり無理がありました。
 予定されていた講演は、「湯の国ぐんまの魅力!~群馬は温泉パラダイス」 と題した高齢者向けの内容でした。
 ネット配信しても、誰も見ないことに気づききした。

 「だったら感染リスクを避けて、客席を2メート間隔で離しましょう!」
 講師も受講者もマスク着用のこと。
 会場も密閉された空間ではなく、すべて窓を開け放つか、屋外にすればいいのです。

 でも、これにも無理がありました。
 いくら暖冬とはいえ、まだ、この時季は寒い!
 しかも、対象は高齢者たちです。
 たぶん、誰も来ないだろうと思われます。


 ということで、やむなく、
 「そうですか、それは残念ですね。ウイルスが終息したら、またの機会に、よろしくお願いします」
 とだけ告げ、電話を切りました。

 ささやかながら、僕もウイルスの感染拡大防止に協力しています。


同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 あぶない話 (2019-12-27 12:31)
 納話 (2019-12-21 12:31)
 ぬるくとも効能あつき湯 (2019-12-13 10:38)
 オリンピックの前の年 (2019-12-10 12:10)
 楽しい時間外質疑応答 (2019-11-28 19:18)
 温泉のエネルギーを学ぶ (2019-11-03 12:33)

この記事へのコメント
初めて投稿します。虚しくなってきますね、自粛自粛で。かえって体調悪くなってしまうんじゃないかと。
Posted by 小山洋幸(柏市在住 46歳) at 2020年03月10日 04:17
小山洋幸さんへ

はじめまして!
よろしくお願いいたします。
今回の自粛は、心身ともに束縛されていますから、かなり堪えますね。
ただただ今は、一日も早い終息を待つのみであります。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年03月10日 10:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自粛いたします
    コメント(2)