温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月04日

今こそ温泉に行こう!


 新型コロナウイルスの影響で、全国の宿泊施設でキャンセルの嵐が吹き荒れています。
 新聞によれば、3~5月の予約人数が前年同期比45.2%減になっているとのことでした。
 “不要不急の外出は避ける” という自粛ムードが蔓延しています。

 当然ですが、僕の愛する温泉地も例外ではありません。
 昨日、県内の某温泉旅館に取材申し込みの電話を入れると、
 「ウイルスの影響で、ガラガラですよ。いつでも来てください」
 と、大歓迎されてしまいました。
 こんな時だからこそ、日頃お世話になっている温泉旅館のみなさんには、記事を書いて恩返しをしたいと思っています。


 今、世の中は新型コロナウイルスの感染防止策、一色であります。
 マスクの着用、うがい、手洗いと、ウイルスをシャットアウトすることばかりに躍起になっています。
 でも、相手は目に見えないウイルスです。
 それでも、知らぬ間に我々の体内に侵入してきます。

 ならば今こそ、免疫力をつけて、ウイルスに負けない体を作ることが大事なのではないでしょうか!?


 日本には古来、“湯治” という温泉を利用した民間療法があります。
 湯治は、なにも病気やケガを治すためだけに行っていたわけではありません。
 「転地効果」 という日常から離れた自然環境に身を置くことによるリフレッシュ目的もありました。
 でも何よりも先人たちが、年に何回も温泉場へ通った最大の目的は、“未病” という免疫力を高めるための予防だったのです。

 現代人の慢性病のもとは、低体温だといわれています。
 「体の冷えが病気を招く」 といわれ、万病の原因とされています。

 体温が平熱より1度上昇すると、免疫力は5~6倍になるといいます。
 風邪を引くと熱が出るのも、免疫力を高め、風邪のウイルスと戦っているからなのです。
 逆に体温が1度低下すると、免疫力は30%以上減衰するそうです。

 ならば体温を上げて、自らの免疫力を高め、ウイルスが入り込まない、もしくは入り込んでも自ら戦い、追い出すことのできる強い体を作りましょう!

 今こそ、先人たちの知恵にならい、湯治という予防文化を見直す時です。
 さあ、みなさん、温泉に行きましょう!
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 キャンセル 0 の宿 (2020-03-18 11:48)
 『上州湯めぐり ものがたり』 開催中 (2020-02-05 19:17)
 思わぬクリスマスプレゼント (2019-12-24 12:08)
 チコちゃんに褒められる? (2019-12-02 17:58)
 神隠しの森 (2019-10-02 11:51)
 太宰治と温泉宿 (2019-09-27 11:36)

この記事へのコメント
大好きな日帰り温泉施設に1ヶ月以上もいってません。もちろん… 楽しみにしていたジャズのライブもキャンセルし、その3日後に予定していた老神温泉の旅行もキャンセル。同居している高齢の親が心配し、もし何かあったら、大丈夫だとは思うけど… その繰り返しです。親の心配を押しのけてまで決行はできませんでした。
Posted by 小山洋幸(柏市在住) at 2020年03月10日 04:09
小山洋幸さんへ

心中、お察しします。
確かに健康な人は感染しても大丈夫でしょうが、その人が、また別の人にうつしてしまう場合がありますものね。
家族に高齢者がいれば、その心配はなおさらです。

でも1つ、老神温泉大使からお願いがあります。
ウイルス騒動が終息したら、ぜひ、老神温泉へお越しください!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年03月10日 10:42
小暮淳さん、ありがとうございますm(__)m 絶対にまた老神温泉にきます!ぼくは群馬の温泉が大好きです。30歳すぎてから自動車免許を取得し、それからほぼ毎年3~5回、群馬の温泉地を訪れています。友達と、家族と、そして一人旅でも!原因はその免許をとって間もないころに腰痛に悩まされたこと。8ヶ月通院して完治し(運送会社勤務で痛めた!?)それを再発しないためにもと色々人に聞いたり本を読んだりと。そんな時に出会ったのが、小暮淳さんの、群馬の小さな温泉、でした。これを参考に毎年毎年、決まって群馬の温泉へ… その初期のころに老神温泉と赤城温泉は何度か来ました!ちなみに最近はみなかみ温泉、湯の小屋温泉が多いです(^^ゞ 長くなってしまいました。必ずまた老神温泉に入りに来ます♨ m(__)m
Posted by 小山洋幸 at 2020年03月29日 16:41
小山洋幸さんへ

小山さんは、読者様だったのですね。
ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2020年03月30日 10:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今こそ温泉に行こう!
    コメント(4)