温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月12日

源泉ひとりじめ(20) 湯けむりの向こうで、コスモスが揺れていた。


 癒しの一軒宿(20) 源泉ひとりじめ
 温川(ぬるがわ)温泉 「白雲荘」 吾妻町(現・東吾妻町)


 夜中に幾度となく、目が覚めた。
 そのたびに、滝の音を聴いていた。
 夕刻に眺めていた温川の清流を思い出しては、やがてまた眠りに就いた。
 いくつもの夢を見た。


 葉もれ日が揺れる、長い下り坂。
 その坂道の突き当たりに、山小屋風の一軒宿が見える。
 浅間隠(あさまかくし)温泉郷の中で、一番小さな温泉宿に着いた。

 浅間隠温泉郷は、温川に沿って湧く 「薬師」 「鳩ノ湯」 「温川」 の3つの温泉の総称である。
 浅間隠山(1,757m) の登山口にあることから、そう名付けられている。
 国道406号との分岐点に、大きな案内板が立っている。
 「左150m鳩ノ湯、300m薬師、右200m温川」
 温川をはさんで両岸に分かれ、2つと1つの一軒宿がたたずんでいる。

 「白雲荘」 の創業は昭和38(1963)年。
 5代目主人に案内された部屋は、一番奥の角部屋。
 眼下には七段に落ちる見事な滝を見下ろす絶景が待っていた。
 「川の音がうるさいかもしれませんね」 と、済まなそうに語る柔和な笑顔に、旅の疲れが一気にほぐれていった。

 群馬県内の温泉宿の宿泊客は、8割が県外からである。
 ところがここ温川温泉は、まったくの逆で8割が県内客だという。
 これには驚いた。
 「グループで2~3泊していかれる方が多いので、県内なら私が送迎しています」 と主人。
 またまた驚いていると、「前職がバスの運転手だった」 と聞いて納得。
 5名以上なら県内どこでも、主人自らがマイクロバスで迎えに来てくれるとのことだ。
 県内客のリピーターが多いのは、このきめ細やかな気配りにあったようだ。

 露天風呂へは、浴衣にサンダル履きで歩いて2~3分。
 温川沿いの敷地内に、小屋がある。
 湯は気持ちぬるめだが、肌触りが柔らかく、長湯ができる。
 仰ぎ見れば、どこまでも高い空。
 はぐれた小さな綿雲が、ゆっくりと流れてゆく……

 温川越しに 「鳩ノ湯」 と 「薬師」 の宿が見える。
 小さな温泉郷である。
 満開のコスモス畑の上を、赤とんぼの群れが何度も何度も行ったり来たりしていた。


 ●源泉名:目の湯
 ●湧出量:14ℓ/分(動力揚湯)
 ●泉温:35℃
 ●泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

 <2005年11月>


同じカテゴリー(源泉ひとりじめ)の記事
 源泉ひとりじめ(25) 女将の笑顔に、「また来ます」 と応えてた。 (2020-04-01 10:21)
 源泉ひとりじめ(24) お湯の中に、黒い花が咲いた。 (2020-03-29 11:49)
 源泉ひとりじめ(23) 朝日の中で、浅間山が大きな背伸びをした。 (2020-03-22 14:59)
 源泉ひとりじめ(22) 朱い湯の川が、いく筋も流れていった。 (2020-03-19 17:03)
 源泉ひとりじめ(21) トンネルを抜けると、湯の国だった。 (2020-03-15 13:59)
 源泉ひとりじめ(19) こっくりとした玉子湯に、身も心もとろけていった。 (2020-03-06 19:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
源泉ひとりじめ(20) 湯けむりの向こうで、コスモスが揺れていた。
    コメント(0)