温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月14日

残念ながら最終回


 すでに新聞報道等で、ご存じの方も多いかと思います。
 群馬県の情報誌 『グラフぐんま』(企画/群馬県、編集・発行/上毛新聞社) が、来月4月10日発行の4月号をもって廃刊されることになりました。

 『グラフぐんま』 は昭和42(1967)年創刊。
 来月号で第622号を数えます。
 写真を大きく扱ったワイドな紙面で、県政情報や地域情報をふんだんに発信してきました。
 現在の発行部数は約15,000部、年9回発行。
 書店でも販売されていますが、主に学校や図書館、医療機関、金融機関、郵便局などには無料配布されているため、多くの県民に愛されてきました。

 今回の廃刊について県の広報課は、「スマートフォンの普及により、県民が待合室などでグラフを読む機会が減った」 からと理由を説明。
 県民がインターネット上で、さまざまな写真を手軽に見られるようになった影響が大きいとしています。

 令和になり、ますます紙面による活字離れが進んでいるということの表れのようです。


 僕は平成29(2017)年の5月号から 『温泉ライター小暮淳の ぐんま湯けむり浪漫』 というシリーズを連載しています。
 今までに26温泉地を紹介しました。
 そして今週、27温泉地目の原稿を仕上げたばかりでした。

 突然の県の発表に多少の驚きはありましたが、これも時代の流れです。
 廃刊は、うすうす感じていました。
 本当は、もっともっとたくさんの温泉を県民のみなさんに紹介したかったんですけどね。
 これだけは、仕方ありません。


 『グラフぐんま』 の連載を楽しみにされていた読者のみなさん、本当に長い間、ありがとうございました。
 来月号が最終回となってしまいましたが、僕の “湯けむり浪漫” は、これからも続きます。

 また、別の紙面でお会いしましょう!
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 ジパング倶楽部 4月号 (2020-03-25 11:44)
 ネットの弊害 (2020-03-09 12:06)
 ブログ開設10周年 (2020-02-12 10:40)
 パズルに夢中 ~おかげさまで20年~ (2020-01-31 12:22)
 おかげさまで2,500話 (2019-10-30 11:52)
 謎を解く館 (2019-10-26 19:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
残念ながら最終回
    コメント(0)