温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月18日

キャンセル 0 の宿


 <宿泊取りやめ相次ぐ>
 <延べ21万人以上 宿泊キャンセル>
 数日前の新聞各紙の県内版に、こんな見出しが躍りました。

 群馬県は、新型コロナウイルス感染症の観光関連施設への影響について、県内35市町村の旅館やホテルなど441施設の3~5月の宿泊キャンセルが約21万6,000泊あり、損害額は約22億8,000万円におよぶと発表しました。
 まさに、東日本大震災以来の “自粛ムード” が蔓延しています。

 ところが、あの時とは、ちょっと違う現象も起きています。


 先日、県内温泉地に宿泊した友人から、こんな内容のメールが届きました。
 「とっても気になったことがあります。私が泊まった旅館は満室ではありませんが、8割位の宿泊客がいました。ところが部屋から見えるホテルや大きな宿の客室の灯りは、ほとんど消えていました。団体のお客さんが来られていないのでしょうか?」
 友人が泊まった宿は、客室10部屋という小さな旅館だったようです。

 このメールが届いたのと同時期に、友人の言葉を裏付けするような、こんな記事が新聞に掲載されました。
 < (宿泊施設の) キャンセルは、安倍晋三首相が各種催しの自粛や一斉休校を要請した2月下旬から急増しているという。(中略) 一方で、個人客が中心の小規模な施設ではキャンセルが発生していない所もあるという。>

 これが事実だとすると、“自粛の二極化” が起きているということです。


 とても気になり、それとなく僕もリサーチをしてみました。
 すると、確かに程度の差こそあれ、宿泊施設によりキャンセルダメージに、はっきりとした差があることが分かりました。
 友人が言うように、団体客を対象にしている大きな旅館やホテルほどダメージが大きいということです。

 そして新聞記事が報道するように、キャンセルが0(ゼロ) の宿もありました。
 昔ながらの家族経営による小さな宿です。


 これは個人的な見解ですが、得てして小さな宿のほうが温泉の管理が良く、上質の湯を提供している場合が多いのです。
 そして山の中の一軒宿までは、きっとウイルスも来ないのではないでしょうか?
 まして温泉の “湯ぢから” により免疫力がアップし、よりウイルス対策にもなるというものです。


 ウイルスなんかに、負けるもんか!
 自粛になんて、負けてたまるか!
 今こそ、日本古来の湯治文化を見直す時です。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 今こそ温泉に行こう! (2020-03-04 11:52)
 『上州湯めぐり ものがたり』 開催中 (2020-02-05 19:17)
 思わぬクリスマスプレゼント (2019-12-24 12:08)
 チコちゃんに褒められる? (2019-12-02 17:58)
 神隠しの森 (2019-10-02 11:51)
 太宰治と温泉宿 (2019-09-27 11:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
キャンセル 0 の宿
    コメント(0)