温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使
ぐんまの地酒大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2020年03月23日

紙芝居がやって来た!


 「人生の楽園」 というテレビ番組があります。
 定年退職、もしくは早期退社後に、新しい人生を見つけて、生き生きと暮らしている人たちを紹介するドキュメントです。
 ペンションや民宿、そば屋、喫茶店をオープンした人、悠々自適に自給自足のための農業を始めた人など、それぞれが “人生の楽園” を見つけて、セカンドライフを楽しんでいる姿を映し出します。

 ま、ファーストライフが、いまだに完結しない僕には無縁のテーマなのですが、うらやましくもあり、時々、チャンネルを合わせています。


 僕の友人にも一人、一風変わったセカンドライフを歩み出した人がいます。
 高校の同級生だった、石原之壽君です。
 彼は、なんと! 定年退職後に、チンドン屋を始めました。

 先日の地元紙には、こんな記事が載りました。
 <軽妙な語りで子ども元気に>
 <伊勢崎神社で紙芝居>

 <新型コロナウイルスの影響で思い切り遊べない子どもたちのために、伊勢崎市出身で寿ちんどん宣伝社座長の石原之寿(のことぶき) さん(61) =茨城県土浦市=が20日、伊勢崎市本町の伊勢崎神社境内で紙芝居を上演した。(中略) 石原さんは定年退職後、チンドンと紙芝居を事業として専念。「休校で子どもたちが窮屈な思いをしている」 と、土浦の神社などで街頭紙芝居や昔のあそびを始めた。>


 ということで、知らせを受けて僕も、応援と冷やかしに行ってきました。
 会場となった伊勢崎神社の宮司も同級生です。
 境内には、子ども連れの親子にまざって、僕同様に、旧友のセカンドライフの応援に駆けつけた同級生らが集まりました。

 昔なつかしい黒塗りの自転車。
 荷台には、駄菓子を吊るした木箱が載せられ、その上に紙芝居がセットされています。
 開演を知らせる拍子木の音が鳴り響き、子どもたちには飴が配られました。

 ユーモアたっぷりの語り口に、子どもも大人も爆笑です。


 僕は、高校時代を思い出していました。
 彼は、当時からクラスの人気者でした。
 文化祭で、落語を披露するような芸達者でもありました。

 僕だけではなく、きっと誰もが、彼は芸能の道へ進むと思っていたと思います。
 でも、彼が選んだ人生は、平凡な会社勤めでした。
 この40年間、ずーーーーっと悩んでいたんでしょうね。
 「いまに見ていろ! いつか本当の俺の見せてやる!」 と……


 「あっ、ジューン! はい、私の同級生の小暮淳君が来てくれました~」
 後ろの方で、こっそりと見ていたつもりだったのですが、気づかれてしまいました。
 「彼は、有名な温泉ライター、温泉大使なんですよー。みんな、あのおじさんを覚えて帰ってね~」
 と、いらぬおせっかいスピーチまで盛り込んで、場を沸かせていました。


 人生100年時代、彼のセカンドライフは始まったばかりです。
 よしっ、俺もがんばらねば!
 旧友の軽妙な話芸を聞きながら、ちょっぴり勇気をいただいてきました。

 まずは、ファーストライフの完結を目指します!
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 老化と自粛とパラサイト (2020-04-02 10:59)
 脱・アンチエイジング (2020-03-30 11:42)
 『在りし人』 クランクイン (2020-03-24 11:42)
 伝道師の子 (2020-03-21 19:33)
 おりこうさんが多くて疲れませんか? (2020-03-20 11:04)
 瞳の中の恐怖 (2020-03-13 11:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
紙芝居がやって来た!
    コメント(0)